塩田地区地域コミュニティ

令和2年度塩田地区地域コミュニティ運営協議会の活動紹介(随時更新)

4月号ピックアップ「会長あいさつ」

塩田地区地域コミュニティの皆様へ ! !
塩田地区地域コミュニティは設置されて10年目を迎えました。
この度、記念すべき第10回目の総会を4月27日に計画しておりましたが、「書面議決」でお願いせざるを得なくなりとても残念です。新型コロナウイルスは世界的パンデミック状況下にあり、国内でもなかなか終息の兆しが見えない中では総会等の多数集会は自粛指導の下、開催できません。私たちは、予測しない自然災害やこの度のような感染症の異常発生などに何時でも襲われると言う事を実感している事象です。こういう時こそ、私たちは知恵を出し合い・助け合い・声を掛けあって暮らして行かなければなりません。コミュニティとしても、どう取り組んでいけるものかは全く想像出来ませんが、この経験を無駄にせずに事前準備や対策行動を続ける必要があると感じています。先行きの見えない状況にありますが、必ず終息して元の生活を安心して送る事ができる事を祈念して、会長の挨拶といたします。
   令和2年3月  塩田地区地域コミュニティ運営協議会
              会 長   蒲 原  知 愛 子

5月号ピックアップ「令和2年度活動計画を承認」

令和2年4月27日に塩田公民館大集会室にて「令和2年度 定期総会」を開催するよう計画していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の面から今年度は、各区の区長、区より選出された代議員、市民団体の代議員53名の方の「書面議決」により開催をしたところです。全員の承認をいただきましたので、ご報告いたします。
【今年度の基本方針】
 第2次嬉野市総合計画の基本計画を核とした地域コミュニティ推進第2次基本方針の推進による「地域力を伸ばして、住みよい地域づくりに挑戦」するとともに急激な高齢化・不耕作地の増加等激変する地域状況を見極め、設立以来実施してきた事業の継続と設立10年目にあたり、今後5年・10年後の指針となる活動内容の検討と検証を行い、塩田小学校区住民全員が知恵を出し合い、相互の利益増進、生活環境の保持・改善に努力し、住みよい地域づくりに努めたい。また、地域の過疎化や、人と人とのたながりの希薄さが懸念される現代、伝統行事や守るべき故郷の宝があることで、人々が集まり、そこから新たな縁やつながりが生まれることを期待し、地域住民総参加を目指し活動を展開する。 


6月号ピックアップ「塩田小学校(コミュニティスクール菜園)でたまねぎ収穫」

去年12月14日に植えた「中生タマネギ」800本の収穫を2・3・年生がしました。今年も塩吹の筒井文春さんが、終始管理をしてもらい、粒ぞろいの立派な玉葱の収穫でした。児童には貴重な体験でしょう。また、今年は、コロナウイルス感染拡大防止の面から児童達だけの収穫作業でした。持ち帰った玉葱は、家庭ですばらしい食材にして下さい。給食センターにもあげました。



事務局では塩田地区地域コミュニティ運営協議会事務局便りを発行しています。 

令和2年度

4月号 (396KB; PDFファイル)

5月号 (401KB; PDFファイル)

6月号 (631KB; PDFファイル)


バックナンバー

塩田地区地域コミュニティの概要 

人口

2,375人

世帯数 800世帯                
行政区 14
【塩田地区の人口】

 ※令和2年4月1日現在

 

事務局の場所

嬉野市ふれあいセンター内
所在地 嬉野市塩田町大字馬場下甲2543番地9
郵便番号

〒849-1411

電話・FAX

0954-66-5181

メールアドレス

shiota-cc@po.hagakure.ne.jp

設立日

平成23年9月

会長氏名

蒲原知愛子

事務局長氏名

松尾 茂
【塩田地区地域コミュニティ】

 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 企画政策課 地域活力創造グループ
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:kyoudou@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る