本文へ移動

背景色標準に戻す黒色に変更する青色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • gくらし・手続き
  • g子育て・教育
  • g健康・福祉
  • g産業・ビジネス
  • g観光情報
  • g市政情報
トップページ>健康・福祉>食育事業>『食育月間』と『嬉野市家族だんらん食事の日』を推進しています。

『食育月間』と『嬉野市家族だんらん食事の日』を推進しています。

『食育』ってなぁに?

  「食育」とは、ひとことで言えば、「食を通し、人間として生きる力を育む」ことです。

食育は子どものためだけに行うものだと思っていませんか?

  食べることは生きるための基本的な営みです。

  つまり、食育も赤ちゃんからお年寄りまで、すべての人に必要なことです。

  食育は特別なイベントに参加することだけではありません。毎日の食事で健康や心の安定が保たれ、マナーや文化が継承されていく、これが食育です。

毎年6月と11月は『食育月間』です。 

  佐賀県では、県民の皆様の食育への意識を高め、実践を促すために、6月に加え、収穫の時期である11月を食育推進強化月間に定めています。

期間

  • 前期 ……   6月(国と同月に設定)
  • 後期 …… 11月(実りの秋に設定)

  この機会に毎日の食事をあらためてふりかえってみませんか?

毎月19日は『嬉野市家族だんらん食事の日』です。 

★ 家族そろって食卓を囲んで食事をしましょう。
★ 食事中はテレビを消して、いろんな話をしてみましょう。
★ 家族といっしょに楽しく料理を作りましょう。

乳幼児期  ~  心身ともに健やかな成長のために

  • 食事の前は、手洗いと「いただきます」を言いましょう。
  • 食事の時は、テレビを消して会話をしましょう。
  • 食事のあとは、「ごちそうさま」と歯磨きをしましょう。

学童・思春期  ~  よい生活習慣を身につけるために

  • 朝ごはんを食べてから学校へ行きましょう。
  • 好き嫌いをせず、食べ物に感謝をして食べましょう。
  • おうちの人と一緒に、買い物、料理、食事の準備、後片付けをしましょう。
  • 簡単な料理が、1人で作れるようになりましょう。

      嬉野市の食育についての詳しい取り組み内容はこちらをご覧ください。 

      ➔第2次(平成25~29年度)嬉野市健康総合計画・嬉野市食育推進計画

      ➔第3次(平成30~34年度)嬉野市健康総合計画・嬉野市食育推進計画

 

6月は食育月間です

  毎年6月は食育月間です。毎日の食事をあらためてふり返ってみませんか?

SCN_0007 (1).jpg 

 

 

11月は佐賀県食育月間です

  作ってくれた方や食べ物に感謝しながら、健康な毎日を過ごしましょう。

 H30.11食育月間.jpg
このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る