旬の野菜を味わおう ~旬の野菜を使ったレシピ~

野菜を食べていますか?

 生活習慣病などを予防し、健康な生活を維持するための目標値の一つに『野菜類を1日350g以上食べましょう』が掲げられています。しかし、毎日食べているつもりでも、多くの人は350gの摂取目標量を達成していません。

 平成27年度の国民健康・栄養調査によると、野菜摂取の平均値は293.6gであり、男女別にみると男性299.4g、女性288.7gです。年齢別にみると、男性・女性ともに20歳代で最も少なく、60歳代で最も多くなっているものの、目標の350gには達していない状況です。 

 

 野菜摂取量グラフ.png

 

 【厚生労働省:平成27年国民健康・栄養調査より】


野菜を食べるとどんな効果があるの?

ビタミン・食物繊維が豊富

ビタミンは主に13種類あり、エネルギーを作ったり、身体を守ったりそれぞれ重要な役割を果たしています。

また食物繊維は便秘予防だけでなく、血中コレステロールを下げたり、 生活習慣病の予防に役立ちます。

野菜を多く食べる事は脳卒中や心臓病、がんの予防効果などがあります。

低脂肪・低エネルギーで満腹感が得られる

野菜は「かさ」が多く、よく噛んで食べる事により満腹感を得ることができます。嚙むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止にもなります。

1日350gの野菜を摂りましょう!  ~旬の野菜を使ったレシピの紹介~

このように、野菜にはとても大切な効果があります。

調理の工夫をしたり、簡単に野菜が摂取できる料理を取り入れ、1日(小鉢)5皿分を食べる事を目指しましょう!

おいしくて栄養価の高い野菜を食べるには”旬の野菜”を食べる事をおすすめします。

嬉野市では旬の野菜を使ったレシピを紹介します。

 

野菜摂取.png

 

★旬野菜を使ったレシピ★

はくさいののり和え(令和元年11月号)

はくさいののり和え(令和元年11月号) (450KB; PDFファイル)


季節の葉野菜で作ってみましょう

かぼちゃのパン粉焼き(令和元年10月号)

かぼちゃのパン粉焼き(令和元年10月号)(551KB; PDFファイル)


おかずにも!おやつにも!おつまみにも!

 

ゴーヤの梅煮(令和元年9月号)

ゴーヤの梅煮(令和元年9月号)(504KB; PDFファイル)


梅の酸味で薄味でも食べやすく

焼きなすのサラダ(令和元年8月号)

焼きなすのサラダ(令和元年8月号)(524KB; PDFファイル)


大根おろしドレッシングで、まとまりがあって噛みやすい

ズッキーニのカレー炒め(令和元年7月号)

ズッキーニのカレー炒め(令和元年7月号)(428KB; PDFファイル)


ピリッとしたカレー味で夏のビタミン補給

 CIMG6200HP用.jpg

ピーマンと卵のスープ(令和元年6月号)

ピーマンと卵のスープ(令和元年6月号)(527KB; PDFファイル)


夏バテ防止のスタミナスープ

014.JPG 

小松菜とえのきの和え物(令和元年5月号)

小松菜とえのきの和え物(令和元年5月号)(485KB; PDFファイル)


ふりかけタイプのおかか醤油で減塩に

 IMG_6847.jpg

さけるチーズとポテトのサラダ(平成31年4月号)

さけるチーズとポテトのサラダ(平成31年4月号)(404KB; PDFファイル)


一味ちがった食感と香が楽しめます!!

4.png 

にんじんと筍の焼き春巻き(平成31年3月号)

にんじんと筍の焼き春巻き(平成31年3月号)(521KB; PDFファイル)


パリパリの皮とにんじんの甘さがよくあう!!

3.png 

 

 

 

海老と大根のあんかけ(平成31年2月号)

海老と大根のあんかけ(平成31年2月号)(466KB; PDFファイル)


旬の大根を葉まで使って彩りよく!!

海老と大根のあんかけ画像 

白菜の甘酢漬け(平成31年1月号)

白菜の甘酢漬け(平成31年1月号)(426KB; PDFファイル)


野菜がたっぷり食べられる!!

白菜の甘酢漬け画像 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る