本文へ移動

背景色標準に戻す黒色に変更する青色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • gくらし・手続き
  • g子育て・教育
  • g健康・福祉
  • g産業・ビジネス
  • g観光情報
  • g市政情報
トップページ>健康・福祉>こころの健康・相談>あなたにでもできる自殺予防 ~大切な人の命を守ろう~ 「こころの相談・情報機関案内」

あなたにでもできる自殺予防 ~大切な人の命を守ろう~ 「こころの相談・情報機関案内」

大切な人の.png

日本の年間自殺者数は、毎年約3万人。交通事故による死亡者数を上回っています。

自殺の多くは様々な悩みや問題を一人で抱えるうちに心理的に“追い込まれた末の死”です。誰にでも起こりえるいのちの危機です。身近にいる大切な人の悩みに気づいて、声をかけ、支え合うことが、大切な人の命を守ることにつながります。 

自殺を予防するためのポイント四葉.gif

気づき

身近な人などが、不眠や食欲不振、気分の落ち込みやイライラ感など長引いていたら何か問題を抱えているかもしれません。

そんな時は相手にひと声かけてみてください。

(「どうしたの?元気がないね」「眠れてる?」「よかったら話してみて」)

 

傾聴・つなぎ

悩んでいる人の話を聞くときは、その人の気持ちを尊重し、言いたいことや悩みにじっくり耳を傾けてください。

「けっして一人ではない」と分かってもらうことが大切です。助言する必要はありません。

日頃から気軽に助け合える人とのつながりを大切にしましょう。

必要に応じて専門の相談機関などにつなぎましょう。

 

見守り

専門の相談機関に紹介したからといって、その人がすぐに元気になるわけではないので今までどおり自然な雰囲気で声をかけたり、あせらず温かく見守りましょう。

 

ひとりで悩みを抱えこまないで

こころに抱えた不安や悩み・・・。話してみると問題解決の糸口が見つかるかもしれません。

まずは「こころの相談・情報機関」へお電話ください。

こころの相談・情報機関

  • 佐賀いのちの電話(24時間毎日) 0952-34-4343
  • 佐賀こころの電話(平日9時00分~16時00分) 0952-73-5556
  • 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」(外部リンク)
  •  自死遺族のつどい(わかち合い「ハートの海」)問い合わせ先 0952-34-4186(佐賀いのちの電話事務局)
  • 杵藤保健福祉事務所 0954-22-2105 (医師による心の相談も行われています)
  • 嬉野市健康づくり課 0954-66-9120
  • 医師による心の相談(嬉野市社会福祉協議会) 0954-66-9131

 

家族.png

  

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る