令和に入り、嬉野市役所が取り組んできた大きなプロジェクトが形になりつつあります。そんなプロジェクトの中から市民の皆様が特に関心の高いと思われるものをピックアップする「注目プロジェクト」。ぜひチェックしてみてください。

【令和3年9月2日】嬉野市庁舎整備基本構想に関する市民説明会

注プロ その1  新庁舎について

庁舎の在り方検討委員会

平成18年の合併以来、市役所の庁舎は旧町の庁舎を活用した2庁舎体制で行政運営を行ってきました。しかし、嬉野庁舎は老朽化が著しく今後の利用が厳しくなっています。そんなことから、嬉野市役所はこれからどのような庁舎の在り方がベストなのかを検討するため、「庁舎の在り方検討委員会」を設置し、議論を行っています。どんな議論が行われているかのぞいてみませんか。


・庁舎の在り方検討委員会 会議公開ページへ


嬉野市庁舎整備基本構想(案)

嬉野市は、嬉野市庁舎整備に向けて、市民の代表者などで構成する「嬉野市庁舎のあり方検討委員会」で検討を続けてまいりました。嬉野市におきましては、検討委員会からの報告書を重く受けとめた上で熟慮を重ね、1庁舎体制へ移行するとの結論を出し、「嬉野市庁舎整備基本構想(案)」をとりまとめたところです。
 今回、「嬉野市庁舎整備基本構想(案)」に関する市民説明会やパブリックコメントを実施します。

市民の皆様のご参加とご意見をお願いいたします。

・市民説明会

・パブリックコメント

注プロ その2  新幹線駅前周辺整備

2022年秋の暫定開業が間近に迫ってきた新幹線西九州ルート。嬉野温泉駅も開業に向け建設が急ピッチで進んでいます。駅前周辺の整備も具体的な形がだんだん見えてきました。嬉野市の新たな玄関口がどのようなカタチとなるのか、ぜひ見てみてください。


・嬉野温泉駅前周辺整備事業

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 広報・広聴課
TEL:0954-66-9115
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:info@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る