本文へ移動

背景色標準に戻す黒色に変更する青色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • gくらし・手続き
  • g子育て・教育
  • g健康・福祉
  • g産業・ビジネス
  • g観光情報
  • g市政情報
トップページ>健康・福祉>検診(健診)・検査・予防接種>風しん抗体検査・予防接種を一定の対象者に限り無償で受けることができます!(2022年3月31日まで)

風しん抗体検査・予防接種を一定の対象者に限り無償で受けることができます!(2022年3月31日まで)

  • 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。
  • そのため、2022年3月31日までの期限に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風疹の定期接種の対象者とし、クーポン券をお届けします。

       ※今年度(令和元年度)は昭和47年(1972年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日の間に

          生まれた男性にのみクーポン券を発送いたします。

          昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性の方も対象者となっていますので、嬉野市役所塩田庁舎健康づくり課(TEL:0954-66-9120)へ事前にご連絡ください。

  • 対象者の方は、お届けするクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。 

接種対象者 

○嬉野市にお住まい(住所がある)で、下記に該当する方

  • 風しん抗体検査のクーポン券が届いた方
  • 風しん抗体検査のクーポン券が届いていないが、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性(市役所で事前に申請してクーポン券をもらってください)

 

 注射 イラスト.png

抗体検査・予防接種までの流れ

  1. クーポン券が届きます。
  2. 医療機関で抗体検査を受けます 。(クーポン券、本人確認書類が必要です)
  3. 抗体検査の結果、抗体ありの場合は風しんへの抵抗力があるため予防接種の対象となりません。抗体なしの場合、風しんへの抵抗力がなく、風しんにかかるリスクがあるため予防接種を受ける必要があります。その際、クーポン券、本人確認書類、抗体検査結果の通知が必要となります。 

実施医療機関 

風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(抗体検査・予防接種を受けられる医療機関リストは、厚生労働省ホームページに掲載されています。)

「風しん」とは?

風しんウイルスに感染してから14~21日の潜伏期間の後、発熱とともに全身に淡い発疹が出現します。通常3日程度で消失し、麻しん(はしか)のように発疹のあとが長く残ることはありません。基本的には予後良好な病気ですが、免疫のない女性が妊娠初期に風しんに感染すると、風しんウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風しん症候群を発生することがあります。 

どうして風しんの追加的対策を行っているの?

風しんは、感染者の飛まつ(唾液などのしぶき)などによってほかの人に移る、感染力の強い感染症です。

大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を起こすことがあります。また無症状でも他人に風しんを移すことがあるので感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

 

 ドクタ-イラスト2.png

 風しんの予防接種を受け、感染拡大を防ぎましょう!

 

 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る