スポーツチャンバラ

競技紹介

 スポーツチャンバラは、SAGA2024国スポのデモンストレーションスポーツです。


 スポーツチャンバラは、日本で生まれたスポーツです。

 日本において遊戯として存在したチャンバラごっこと小太刀護身道を基にし、エアーソフト剣という武器とアクリル製の面という防具によって安全性を確保した競技です。


 競技は、型の美しさを競う基本動作競技と、打突競技部門に分かれ、各カテゴリー段階別で行われます。

 小太刀、長剣フリー、二刀、棒、杖、槍、盾小太刀、長剣両手、短刀など、得物(=剣)には多くのバリエーションがあります。

 また、部門別の試合のほか、異種線や合戦など試合形式も多様にあります。

 

 打突競技部門では、相手のどこを打突しても一本となります。

 基本的には、1試合は3分間三本勝負とし、引き分けの場合は延長もあります。また、延長でも勝敗が決まらない時は、再延長、再々延長を行います(ただし、団体戦は引き分けが認められます)。


 原則として、個人戦は三本勝負、団体戦は一本勝負で行われます。


<一本勝負の場合>

 1分間一本で、勝敗を決します。延長ありで、延長戦で勝敗がつかない場合は、両者負けとなります。相打ちも両者が負けとなります。


<三本勝負の場合>

 二本先取した方が勝者となります。相打ちは双方に一本加算されます。


 ルールがわかりやすく、老若男女楽しめるスポーツです。

競技会場

 嬉野市中央体育館(U-Spo)

  〒843-0301

   佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1515番地

このページに関するお問い合わせ
SAGA2024推進課
TEL:0954-27-7083
FAX:0954-27-7084
MAIL:saga2024@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る