合併特例債活用実績について

平成18年1月1日に旧塩田町と旧嬉野町との合併により嬉野市が誕生し、平成30年1月で合併12年を迎えました。

この間、嬉野市発展の為に様々な事業を行い、中でも合併に伴い必要となる事業については合併特例債(※)という地方債を活用する事が認められています。

つきましては、本市において平成18年度から平成29年度までに合併特例債を活用した事業について、添付ファイルのとおりお知らせいたします。

 

※合併特例債・・・

市町村の合併に伴い特に必要となる事業の財源として、事業費の95%まで金融機関等から融資を受けることができる地方債。期間は平成18 年度~平成32年度の15年間。なお、将来発生する元利償還金の70%については、国からの普通交付税に算入されるという有利な地方債。

 

平成18年度~平成29年度合併特例債活用実績(13KB; Excelファイル)

 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 広報・広聴課
TEL:0954-66-9115
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:info@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る