『第2期嬉野市まち・ひと・しごと創生総合戦略』を策定しました

 趣旨

 嬉野市では、人口減少や高齢化が急速に進む中、このような現代社会に力強く立ち向かい、自分たちのまちに愛着と誇りを持てるようなまちづくりを進めるとともに、地域内外との交流を促進し交流人口や定住人口を増大させるために、「第1期嬉野市まち・ひと・しごと創生総合戦略(2015~2019年度)」を策定し、地方創生に資する様々な施策・事業を展開してきました。

 本年度、第1期の終期を迎えることから、実施してきた施策・事業の総合的な効果検証を行うとともに、これまでの地方創生の取組み成果や課題を踏まえながら、「継続は力なり」という姿勢を基本とし、「第2期嬉野市まち・ひと・しごと創生総合戦略」(以下「第2期総合戦略」という)を策定しました。

 今後も多様な地方創生の取組みを継続的かつ重点的に推進し、地方創生の動きをさらに加速させていくこととしています。 

位置づけ

 第2期総合戦略は、まち・ひと・しごと創生法第10条に基づき、第1期時にとりまとめた「嬉野市人口ビジョン」において示した人口の将来推計を展望し、これまで実践してきた地方創生に関する様々な取組みを継続・強化していくために、基本目標と数値目標、それに対する基本的方向、および基本目標の中の分野別項目、重要業績評価指標(KPI)、そのための具体的な施策をとりまとめたものです。

計画期間

  第2期総合戦略の計画期間は、2020(令和2)年度から2024(令和6)年度までです。


第2期総合戦略(冊子)

第2期嬉野市まち・ひと・しごと創生総合戦略(R4.3月改訂) (1681KB; PDFファイル)
第2期嬉野市まち・ひと・しごと創生総合戦略(R3.3月改訂)(1687KB; PDFファイル)
第2期嬉野市まち・ひと・しごと創生総合戦略 (1551KB; PDFファイル)

 



 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 企画政策課
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る