No.7 お茶の成分と効能

  お茶にはたくさんの成分が含まれており、代表的なものはカテキン(タンニンと呼ばれる要素の一種)で、渋み成分ですが殺菌や抗菌効果などがあります。よく味わって飲むと、渋みの奥にも甘みがあることがわかります。この甘味の正体はアミノ酸です。

 

  他には眠気を覚ます効果のあるカフェインやタンパク質、糖質なども多く、健康維持に有効なビタミンA、B1、C、Eが含まれます。また、虫歯予防等にも効果的な成分が含まれており、一杯のお茶に中には驚くほどの健康上有益な成分がコンパクトに含有されているといわれています。

 

ぜひ、たくさんの方にお茶を勧めてください。 

  

茶種

タンニン

カフェイン

タンパク質

アミノ酸

脂質

糖質

繊維

灰分

煎茶

13.0

2.3

24.0

4.6

35.2

10.6

5.4

釜炒り茶

13.0

2.5

24.2

3.5

35.6

10.7

5.5

番茶

11.0

2.0

19.7

4.4

33.5

19.5

5.5

紅茶

20.0

2.7

20.6

2.5

32.1

10.9

5.2

(茶100g当たり%、図説食品成分表新訂版より)

                                                                                                                            4216475230.jpg

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 うれしの茶振興室
TEL:0954-42-3308
FAX:0954-42-3300(代表)

ページトップへ戻る