軽自動車税の納税について

軽自動車税は、毎年4月1日現在の所有者に課税されます。

軽自動車税の期限内納付について

  • 軽自動車税は、納期限までに納めましょう。最寄りの銀行、郵便局、農協、市役所会計窓口、コンビニエンスストア(納税通知書に記載)等で納めてください。
  • 口座振替の振替日は5月31日(土日の場合は前営業日)です。残高不足にならないようご注意ください。
    ※軽自動車税の納税証明書は、車検を受ける時に必要ですので、大切に保管しておきましょう。

軽自動車税の減免について(お知らせ)

1.身体に障がいのある人が使用する軽自動車等

身体・知的・精神に障がいがある方の移動のために所有している軽自動車は、一定の要件に該当すれば軽自動車税の減免を受けることができます。

軽自動車の減免は4月より受付開始となります。

  • 対象車両    手帳所有者本人、または生計を一にする人の所有車両
  • 申請期限    5月31日(軽自動車税 納期限)まで     土日の場合は前営業日までです。
  • 受付場所    塩田庁舎 市民課または嬉野庁舎 税務課 窓口

     ※次に該当される方は、嬉野庁舎税務課にて申請をお願い致します。

          1.昨年度も減免に該当されていた方で、申請の内容(所有者名・運転者名・標識番号・手帳の等級・住所)に変更のある方

          2.本年度より新規で減免を申請される方 

※原則、郵送でのご提出は受け付けできません。お手数をおかけしますが、ご協力をお願い致します。 

 減免申請に必要な書類等

  1. 軽自動車税減免申請書(身障者用)(110KB; PDFファイル)・・・・市役所税務課窓口にもあります。

          ※昨年度に引き続き減免を申請される方で、 申請の内容(所有者名・運転者名・

             標識番号・手帳の等級・住所)に変更のない方は、現況届での申請が可能です。

     2.  お持ちの手帳(身体障がい者手帳・療育手帳・精神保健福祉手帳・戦傷病者手帳)

     3.  運転される方の運転免許証

     4.  軽自動車車検証

     5.  印鑑

     6.  個人番号(マイナンバー)が分かる書類

     7.  申請する年度の軽自動車税納付書(口座振替の方は不要) 

 

障がいの等級も減免審査に関わります。

こちらの表でご確認ください。 基準(103KB; PDFファイル)

 

以下の場合は、減免の対象とはなりませんのでご注意ください。

  • 車両がリース車の場合
  • 農業、自営業等の事業を目的として利用される場合
  • 普通自動車の減免を申請される場合(自動車の減免はおひとり一台のみです)
  • 福祉タクシー券の交付を申請される場合
  • 手帳の更新をされていない場合

※手帳の更新が必要な方は、手帳の要再認定日または有効期間内に、

   嬉野庁舎 福祉課または塩田庁舎 子育て未来課にて更新手続きをお願い致します。 

2.公益の事業のために直接専用するものと認める軽自動車等

減免申請に必要な書類等

  1. 軽自動車税減免申請書(公益事業用)(26KB; PDFファイル)・・・・市役所税務課窓口にもあります。
  2. 軽自動車車検証
  3. 印鑑
    
  4. 申請する車両の軽自動車税納付書
  5. 約款・定款

 

※車両がリース車の場合、減免の対象となりません。

※嬉野庁舎税務課にて申請をお願い致します。

減免対象車両

  1. 法人税法第2条第1項第5号(公共法人)又は第6号(公益法人)に掲げる法人が所有又は使用する軽自動車の使用目的が社会一般の健康保持の増進に寄与する下記特殊軽自動車

    ア 巡回診療軽自動車
    イ 患者輸送の用に供する軽自動車
    ウ 血液事業の用に供する軽自動車
    エ 救護資材の輸送の用に供する軽自動車で、当該輸送の用に供した日数又は走行キロ数が全運行日数又は全走行キロ数の60パーセント以上であるもの
     
  2. 社会福祉法第2条第2項各号(第6号及び第7号を除く。)に掲げる第1種社会福祉事業を行う法人が所有又は使用する軽自動車で、当該法人が経営する施設の収容者もしくはこれに類する者又はこれらの者に係る物質の輸送の用に供した日数又は走行キロ数が全運行日数又は全走行キロ数の60パーセント以上であるもの

  3. 社会福祉法第107条第1項各号に掲げる事業を行う社会福祉協議会が所有又は使用する軽自動車で、その本来の事業に供するもの

  4. 社会福祉法第2条第3項第7号に掲げる第2種社会福祉事業を行う法人が所有又は使用する軽自動車で、当該法人が経営する施設の収容者もしくはこれに類する者又はこれらの者に係る物資の輸送の用に供した日数又は走行キロ数が全運行日数又は全走行キロ数の60パーセント以上であるもの

  5. 道路交通法第99条に規定する指定自動車教習所を設置したものが教習車として使用する軽自動車等

  6. (財)佐賀県交通安全協会及び支部が所有又は専用に使用する軽自動車のうち、専ら交通安全思想普及の活動の用に供するため、車体に「交通安全協会」等と表示され、放送設備等必要な装備を有するもの、又は当協会からの専用使用証明を有するもの 

3.構造が専ら身体に障がいのある方の利用に供するための軽自動車等 

減免に必要な書類等

  1. 軽自動車税減免申請書(構造減免用)(26KB; PDFファイル)・・・・市役所税務課窓口にあります。

  2. 軽自動車車検証

  3. 印鑑

  4. 申請する車両の軽自動車税納付書

  5. 現況写真(構造変更部分、ナンバープレートが確認できるもの)

 

※車両がリース車の場合、減免の対象となりません。

※嬉野庁舎 税務課にて申請をお願い致します。

申請書ダウンロード

軽自動車税申告兼標識交付申請書(114KB; PDFファイル)

軽自動車税廃車申告兼標識返納書(115KB; PDFファイル)

軽自動車税減免申請書(身障者用)(110KB; PDFファイル)

軽自動車税減免申請書(公益事業用)(26KB; PDFファイル)

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 税務課
TEL:0954-42-3305 
FAX:0954-42-0472
MAIL:zeimu@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る