「子どもの医療費助成制度」について

0歳から18歳までの医療費助成ができます! 

嬉野市では0歳から18歳までの医療費の助成を行っています。嬉野市での医療費助成の内容は下記のように

なります。 

 

対象者

  • 嬉野市内に住所を有する方
  • 0歳から満18歳の方(18歳誕生日以後の最初の3月31日まで)
  • 健康保険の被保険者または被扶養者である方

平成29年4月から小学生以上の助成方法が変わりました

 平成29年4月1日診療分から、小学生・中学生・高校生等の医療費の助成を償還払いから未就学児と同様に医療

 機関で負担額のみを支払う方法(現物給付)になりました。 

 助成を受けるためには、市役所窓口で「子どもの医療費受給資格登録・資格証交付申請書」の提出が必要です。

 申請するときは健康保険証(子どもの名前が記載されているもの)、保護者の印鑑(朱肉使用)をご持参ください。

 

  

 

 

0歳から高校卒業まで

 

助成内容

 

 ■助成の対象となるもの(健康保険適用の医療費)

  • 保険医療による一部負担金
  • 養育医療(未熟児)や育成医療(障害児)など公費負担医療の自己負担金
  • 訪問看護療養費(治療用装具など)の自己負担

 

 ■助成の対象とならないもの(健康保険適用外の医療費)

  • 健康診断や予防接種の費用、入院時食事療養費、差額ベッド代、おむつ代、紹介状なしで受診した 時の初診加算料、文書料などの保険診療にならないもの。     

 

助成方法

     

・県内医療機関を受診する際に窓口で、「子どもの医療費受給資格証(ピンク)」と「健康保険証」を提示することで、 病院窓口での負担額が一定額に抑えられます。

※ 学校の管理下で発生した災害(負傷・疾病)など、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となる場合は、嬉野市の医療費助成を重複して受けることはできません。 

 

【保護者負担額】 

 医療機関ごとに1月あたり 

 

【入院】  1,000円

【通院】

上限500円を2回まで(窓口での請求額が500円未満の場合は、その額で1回とみなします。)

 同月内であれば3回目以降負担なし

【調剤】  負担なし

 

※就学前の乳幼児は下記の県外の医療機関でも「子どもの医療費受給資格証」を使用できます。

福岡市立こども病院、久留米大学病院、聖マリア病院(久留米)、佐世保市共済病院、佐世保市総合医療センター 

 

 

【助成内容一覧】

  

資格証が使用できないとき

       医療機関を受診する際に、資格証を所持していなかったとき、県外の医療機関を利用したとき、治療用

    装具等を作ったときなどは市役所に申請が必要です。

 

助成申請方法

  1. 診療の際に、医療費の一部負担金(2割または3割)を医療機関に支払います。また、医療用装具等を作ったときは、医療費を全額支払い、健康保険から払い戻された後、市役所の窓口で助成申請を行ってください。(子育て支援医療費助成申請書様式は下記をご覧ください。) 
  2. 子育て支援医療費助成申請書に必要事項を記入し、領収書を張り付けて市役所に提出します。助成申請の受付期間は受診月の翌月から1年以内です。 
  3. 審査後、市役所から指定口座に助成額を振り込みます。(償還払い)  

 

助成申請の際の留意点 

  1. 診療月の翌月から1年以内に申請書を提出してください。(1年を経過すると助成は受けられません。)  
  2. 助成交付申請には、申請書の医療機関記載欄に証明でも受付けます。
  3. 領収書は、個人ごと・医療機関ごとに1ヶ月まとめて申請してください。 

  

「子育て支援医療費助成申請書」は、各庁舎にもあります。 

 

子育て支援医療費助成申請書様式(50KB; Wordファイル)

  

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 福祉課
TEL:0954-42-3306
FAX:0954-43-1157
MAIL:fukushi@city.ureshino.lg.jp
このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 子育て未来課
TEL:0954-66-9121 
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:kosodate@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る