堀口 満智子 さん

 気づけばふるさとはとてもいいところでした

 若い頃とは見方が変わってきて

写真:堀口満智子さん

 

 塩田で生まれて、短大進学で上京。結婚して、主人の転勤で海外で暮らして、40代から神奈川県で暮らしています。10年ぐらい前から、母の介護で毎月帰ってきていたのですが、田舎はほっとしますし、四季を感じられるのはいいですね。


 東京まで飛行機で1時間半。距離は感じないですよね。今はどこにいても欲しいものが手に入る時代。若い頃に抱いていた田舎のイメージとは全く違って、とても住みやすいですよ。


田舎暮らしをクリエートしたい

写真:仕事場の堀口さん

 先祖から譲り受けた土地を宅地にして分譲。イギリスにあるベッドと朝食を提供するBB(ベッド&ブレックファスト)みたいな宿をしたいと思って、ペンション経営をはじめました。素人の怖さ知らずで大きなことをしたかもしれませんが、生産性がちょっとでもあれば楽しいですよね。


 暮らしをクリエートして、田舎ならではの楽しみ方を自分で見つけることができたら良いですね。

 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 企画政策課
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る