松田 二郎 さん

 地方でもおもしろい仕事はできると思います

お茶に関われることが嬉しくて

写真:松田二郎さん


 大学時代、ニュージーランドに留学した時に「うれしの茶」を持っていったら、すごく喜ばれたのが印象的でした。


去年、はじめて新茶づくりに関わらせていただいて、その後 、日本各地の茶所を巡る旅をしました。


 結果、「うれしの茶」の良さを再認識して、嬉野市で修業をさせていただいています。

そして、なんと今年は、自分の名前でお茶を生産させていただいたんです。


ありがたいですよね。 

 

 

 


 長崎で嬉野市の魅力を発信したい

写真:仕事場の松田さん

 将来は、長崎・佐世保の実家の近くで、お茶をベースにして商売をするのが夢です。生産は嬉野市で継続しながら、お店は違う場所ということに意味がある。嬉野市の魅力を広めていきたいと思っています。


 生産から携わって刺激を受けながら、その感動や素晴らしさをお客様に伝えるというのがベスト。

 今は、どこからでも情報発信ができる時代なので、地方でおもしろい仕事はどんどんできると思っています。 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 企画政策課
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る