ごみ袋料金・ごみの分別など

  ごみを減らす(リデュース)繰り返し使う(リユース)資源を再利用する(リサイクル)の3つのRで、これまでの使い捨ての時代から大切な資源を上手に使う 「循環型社会形成」に取り組みましょう。

  ごみを処理するためには、多大な費用がかかります。地球にやさしい環境づくりのため、1人ひとりがごみの減量化に努めましょう。

 

 

 分別方法や出し方についてのパンフレット

ごみの分け方出し方(694KB; PDFファイル)

ごみの分け方出し方一覧表(253KB; PDFファイル)

リサイクル(プラマーク製品)の出し方(204KB; PDFファイル)

ごみ収集計画一覧(嬉野市内全域)(116KB; PDFファイル)

可燃性リサイクル物の集積日・場所(嬉野)(83KB; PDFファイル)

指定ごみ袋について

種類 価格(円/枚)
燃えるごみ(大) 40
燃えるごみ(小) 20
燃やせないごみ(大) 40
燃やせないごみ(小) 20
リサイクル(大) 20
リサイクル(小) 10
粗大ごみステッカー 300
【家庭用】

 

※ごみ袋は10枚一パックでの販売となります。

粗大ごみステッカーは一枚ずつで、塩田地区のみでの販売となっています。 

 

指定ごみ袋販売先

家庭用のごみ袋は、市内のスーパーやコンビニ、ドラッグストア等で購入できます。

 

ごみ中継基地への直接搬入について

燃やせるごみ・燃やせないごみ・リサイクルごみ

持ち込みに手数料はかかりませんが、必ず指定袋に入れて正しく分別してから持ち込んでください。

 

粗大ごみ

粗大ごみの持ち込みには手数料がかかります。 
産業廃棄物と、家電リサイクル法で指定されているもの(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなど)は、市では処分できないので受け入れることができません。それぞれ産業廃棄物処理業者、電気店などへお問い合わせください。

 

【手数料】

区分

手数料

家庭系一般廃棄物

積載重量2t未満の車1台までごとに 1,000円
積載重量2tの車1台までごとに 2,000円

事業系一般廃棄物

積載重量2t未満の車1台までごとに 2,000円
積載重量2tの車1台までごとに 4,000円

 

※粗大ごみの搬入単位は、車両1台あたりになります。

 

 

嬉野市ごみ中継基地の位置はこちらのファイルでご確認ください。

地図(87KB; PDFファイル)

 

 

臨時収集について

  • 家庭系の粗大ごみで直接搬入が困難な場合は、臨時収集もいたします。
  • 料金や申請方法など詳しくは、環境下水道課までお問い合わせください。

ごみ減量化対策事業について

 

 ごみの分別について

分別の方法は以下のとおりです。

種類 分別 出し方
燃やせるごみ 下記1.から14の
ごみ以外の燃やせるもの
指定の燃やせるごみ袋に入れる。
燃やせないごみ
  1. ガラスのごみ
  2. 金属のごみ
  3. 燃えない雑物(陶器類等)

1.2.3.種類ごとに分ける必要はありません。

1.2.3.まとめて燃やせないごみ袋に入れて出せます。 

資源ごみ(1)
  1. 缶類
  2. びん類
  3. PETボトル
  4. 廃プラスチック(プラマーク製品)
4.から7.は、指定のリサイクル袋へ、
種類ごとに分別していれる。 (混合しない)
資源ごみ(2)
  1. 新聞・チラシ類
  2. 段ボール
  3. 雑誌・書籍
  4. その他紙類(ティッシュ箱等)
  5. 紙パック
  6. 衣類
8.から13.は、種類ごとに分別して、ひもで結束してだす。(袋は不要)
但し、リサイクル用集団回収所が設置されていない地域だけは、ひもで結束した後に、
指定のリサイクル袋に入れて出す。
粗大ごみ
  1. 自転車・家具など
ゴミ中継基地に直接搬入する(持込手数料がかかります)。
または手数料単品ごとにステッカーを貼って出す(塩田地区のみ)。
【ごみの分別方法】

廃プラスチック(プラマーク製品)とは

プラスチック製品リサイクルマーク

  • 嬉野市では再資源化促進のために、合併を契機として、分別収集物に新たに廃プラスチックを取り入れます。
  • 上記のマークが表示されているものが該当品目です。
  • プラスチック製品でも上記のマークが記されていなければ、それは燃えるごみとして出して下さい。(PETボトルを除く)

家電リサイクル法対象機器について 

  • 家電リサイクル法の対象製品エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)・洗濯機・衣類乾燥機・冷蔵庫・冷凍庫についてはごみとしては出せません。 対象製品については、購入店または買い替えをする量販店へ依頼し、リサイクル料及び収集運搬量を支払って回収してもらいます。
  • 購入店が廃業していたり、人から貰ったもので購入店が不明などの事情で購入店への引取り依頼が困難な場合は、下記収集・運搬許可業者へ依頼してください。

          (有)塩田環境開発(TEL:0954-66-4160)  

注意事項

  • 指定の袋にきちんと出し、地区名と氏名を書いて出しましょう。
  • 決められた日時、場所に出しましょう。
  • 袋には自分がもてる分だけ入れて出しましょう。あまり詰め過ぎると、持てなくなったり、袋が破れたりしてしまいます。
  • ごみステーションの場所がわからない方は、お住まいの地区の区長さん、または班長さん等へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 環境下水道課
TEL:0954-42-3317
FAX:0954-42-3300(代表)
MAIL:gesuidou@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る