幼児教育・保育の無償化について

概要

  生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性や、幼児教育の負担軽減を図る少子化対策の観点などから、幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳児クラスから5歳児クラスの全ての子どもたちの利用料を無償化します。併せて、市民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスの子どもたちの利用料も無償化します。

 

幼児教育・保育の無償化リーフレット (585KB; PDFファイル)

 

開始時期

  2019年10月1日

対象者・対象範囲

幼児教育・保育の無償化対象施設(公示)

対象施設について

 幼児教育、保育の無償化対象施設については、次のとおりです。

追加・修正のある場合は、随時更新します。

 市内全ての認可保育所・幼稚園(施設型給付)・認定こども園については、一覧の掲載はありませんが、無償化の対象です。


無償化対象施設一覧(9月20日現在)

私学助成園等(教育部分) (61KB; PDFファイル)

幼稚園等預かり保育 (67KB; PDFファイル)

認可外保育施設(施設型) (71KB; PDFファイル)

一時預かり・病児・ファミリーサポートセンター (102KB; PDFファイル)


幼稚園・保育所・認定こども園等

  • 3歳児クラスから5歳児クラスの全ての子どもたちの利用料を無償化
  • 0歳児クラスから2歳児クラスの市民税非課税世帯の子どもたちの利用料を無償化
  • 幼稚園(私学助成)は、月額25,700円を上限に無償化
  • 幼稚園、認定こども園(1号認定)は、満3歳から無償化

 

  ※ 実費として徴収されている費用(通園送迎費、食材料費、行事費など)は、無償化の対象外

 

  ※ 保育所等の2号認定こどもの副食費(おかず、おやつ代等)は、これまで保育料に含まれていましたが、無償化後は実費徴収となります。

 

新制度未移行の幼稚園リーフレット (618KB; PDFファイル)

 

幼稚園・認定こども園の預かり保育

新たに保育の必要性があると認定を受けた場合には、幼稚園保育料の無償化(上限月額25,700円)に加え、利用実態に応じて、月額11,300円までの範囲で利用料を無償化

 

施設型給付費幼稚園・認定こども園リーフレット (618KB; PDFファイル)

 

認可外保育施設等

  • 保育の必要性があると認定された3歳児から5歳児の子どもたちを対象として、月額37,000円(認可保育所保育料の全国平均額)までの利用料を無償化
  • 保育の必要性があると認定された0歳児から2歳児の子どもたちについては、住民税非課税世帯の子供たちを対象として、月額42,000円までの利用料を無償化

 

  ※ 認可外保育施設等にはひまわり保育園(嬉野医療センター)、みどり保育園(友朋会)、ひよこ(和光幼稚園)(塩田幼稚園)等、一時預かり事業、病児・病後児保育事業及ファミリーサポート事業が対象

 

  ※ 企業主導型保育事業は、3歳児から5歳児及び市民税非課税世帯の0歳児から2歳児の子どもたちの標準的な利用料が無償化 

 

認可外保育園リーフレット (630KB; PDFファイル)

 

 いわゆる障害児通園施設

就学前の障害児の発達支援(いわゆる障害児通園施設)を利用する3歳児から5歳児の子どもたちについて、利用料を無償化 

 

手続き等のご案内の開始時期

  2019年9月頃から、無償化給付を受けるために必要な手続きの御案内を送付しますので、今しばらくお待ちください。

 

幼稚園等在園児の方の認定申請等 

幼稚園等在園児の方の認定申請等について(様式・記入例他)

 

 

関連記事

  内閣府  幼児教育・無償化 ホームページ(外部リンク) 


このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 福祉課
TEL:0954-42-3306
FAX:0954-43-1157
MAIL:fukushi@city.ureshino.lg.jp
このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 子育て未来課
TEL:0954-66-9121 
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:kosodate@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る