監査委員について

1.監査委員とは

   監査委員は、地方自治法に基づいて設置されている執行機関です。
   公正で合理的かつ効率的な地方行政を確保するために、市長から独立した立場で市の事業を次のような観点からチェックします。

 

  • 最小の経費で最大の効果を発揮するように運用されているか
  • 市民の皆さまの貴重な税金が無駄遣いされていないか
  • 市のそれぞれの事業が本来の効果を挙げているのか

 

   嬉野市において監査委員は、市長が議会の同意を得て、人格が高潔で行政運営に関し優れた識見を有する者2名を選任し、その任期は4年です。

 

2.監査委員

   嬉野市の監査委員は次の2名です。

 

役職 氏名 選出根拠 任期

備考

(選出母体)

代表監査委員

西川平七

地方自治法第195条第1項

地方自治法第196条第1項

地方自治法第199条の3第1項

平成30年3月24日から
平成34年3月23日まで
識見を有する者
監査委員 富永敏文

地方自治法第195条第1項

地方自治法第196条第1項

嬉野市監査委員条例第2条 

平成31年4月1日から
平成35年3月31日まで
識見を有する者
【嬉野市の監査委員】

 

 

 

このページに関するお問い合わせ
嬉野市監査委員事務局
TEL:0954-66-9155
FAX:0954-66-2887
MAIL:kansa@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る