背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

市政・計画

オープニングページ > 市政・計画 > 市の財政について > 公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画

   過去に市が国などの公的機関から借り入れた年利5%以上の高利率の借入について繰上償還又は現在の低利率に借り換えることによって利払いの負担が軽減される制度です。通常、公的資金の繰上償還を行う場合、利子相当分の補償金が求められますが、平成19年度から平成21年度までの臨時特例措置により、この財政健全化計画等を策定し、徹底した行政改革・経営改革を実施した団体において免除されます。

   嬉野市では、一般会計において約3億8千万円を繰上償還し、約6千万円補償金が免除されました。一方水道事業会計においては、約10億円を繰上償還し、約2億円の補償金が免除されました。 

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画(公表) 

   平成19年度に国の承認を受けました。 

 

判定結果

   平成19年度に国の承認を受けた財政健全化計画については、毎年度財務省に報告を行っています。

   計画最終年度にあたる平成23年度に、計画の達成状況について判定結果が示されました。

 

項目

類型

(1) 地方債現在高

a

(2) 実質公債費比率

a

(3) 職員数

a

(4) 改善額

c

総合判定

c

【嬉野市財政健全化計画(普通会計)】
 

 

項目

類型

(1) 職員数

a

(2) 改善額

a

(3) 公営企業債現在高

a

(4) 累積欠損金比率

a

総合判定

a

【水道事業経営健全化計画】

 

 

   詳しい内容については、以下の資料をご覧ください。

 

判定区分について 

   計画の達成状況は、次のとおり整理されます。

 

   ○「計画を達成したもの」として、

       a  計画の中途年度、最終年度ともに計画目標値を達成したもの

       b  最終年度までに計画目標値を達成したもの

       c  やむを得ない事情による影響を除き、最終年度までに計画目標を達成したもの

 

   ○「計画を達成できないもの」として、

       d  計画目標の達成ができないが、計画の承認要件は達成したもの

       e  やむを得ない事情による影響を除き、計画の承認要件は達成したもの

       f   健全化施策は実施したが、最終年度までに承認要件未達成

 


Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社が無償提供している「Adobe Reader」が必要です。ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、上のリンクされているページからダウンロードしてください。
Adobe、AcrobatおよびAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。Adobe Readerをダウンロード、インストールすることによって生じるトラブルについては嬉野市及びアドビシステムズ社は責任を負いませんので、あらかじめご承知ください。


 

塩田庁舎 財政課
TEL:0954-66-9114
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:zaisei@city.ureshino.lg.jp

 

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.