【R3.4.19】新型コロナ「第4波」を受けて【市長メッセージ】

 

 新型コロナウイルスが大都市圏を中心に再び急拡大しており、「第4波」の傾向が鮮明となっています。佐賀県内でも感染者集団(クラスター)が発生しており、これまで嬉野市ではなかった経路不明感染者もみられるようになりました。状況はきわめて厳しく、ここが感染爆発に向かうか否かの瀬戸際です。今月末よりスタートする大型連休には、旅行や帰省の計画をされている方も多いと思われますが、今は「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」の対象市町村などの感染拡大地域との往来を極力控えていただくようにお願いします。ご家族親戚が集まる場合でも、大人数の会食などリスクの高い行動は避け、十分な対策をしていただくよう重ねてお願いします。


 また、従来型より感染力が高いとされる変異株が佐賀県内でも報告されています。子どもたちへの感染や家族同士の感染を防ぐため、家の中でもこまめな手洗い・消毒、部屋の十分な換気、マスク着用などの対策が必要です。飲食店・カラオケ店などの利用に関しても、各店舗が示す対策を十分守っていただくよう重ねてお願いいたします。特に重症化リスクの高い高齢者・基礎疾患をお持ちの方と同居する方は、お互い声を掛け合って対策を強くお願いいたします。


 なお、「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」の対象市町村よりお越しの方の公共施設利用の新規予約停止など、市としても感染拡大を防ぐ上でより強い措置を講じています。ご不便をおかけいたしますが、これ以上の感染を防ぎ、さらに強い措置をとらざるを得ない事態にならないためとご理解下さい。


 長丁場となっているウイルスとの闘いで嫌気もさしてきた方も多くいらっしゃることと思います。しかし、気を緩めれば事態は一気に悪くなってしまいます。不安ややり場のない気持ち、実際の生活上の困りごとにも行政として、福祉や子育てなどの各種相談窓口で、よりいっそうきめ細やかな対応を心がけてまいります。心ひとつにして、この難局を乗りきりましょう!


令和3年4月19日
嬉野市長 村上大祐


このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 広報・広聴課
TEL:0954-66-9115
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:info@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る