本文へ移動

背景色標準に戻す黒色に変更する青色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • gくらし・手続き
  • g子育て・教育
  • g健康・福祉
  • g産業・ビジネス
  • g観光情報
  • g市政情報
トップページ>市政情報>市長の部屋>市長コラム>【R3.1.14】国の緊急事態宣言対象地域拡大を受けて【市長メッセージ】

【R3.1.14】国の緊急事態宣言対象地域拡大を受けて【市長メッセージ】

 福岡県などを含む11都府県に新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言が再び発出され、佐賀県内でもここにきて感染が急拡大しています。病床逼迫度や感染経路不明割合などの指標で判断する警戒度はステージ2ですが、決して楽観できる状況にはありません。九州内では熊本県や宮崎県でも独自の緊急事態宣言を行っており、感染拡大地域との往来を極力控える局面です。今がまさに、感染爆発に向かうか否かの瀬戸際です。また、家族内感染のケースが急増しており、家の中でもこまめな手洗い・消毒、部屋の換気、マスク着用が必要です。特に今が一番大事な受験生、重症化リスクの高い高齢者・基礎疾患をお持ちの方と同居する家庭では、家族ぐるみでの対策を強くお願いいたします。


 宣言対象地域よりお越しの方の公共施設利用の新規予約停止など、市としても感染拡大を防ぐ上でより強い措置に踏み切ります。不特定多数の人の出入りが見込まれるイベントについても中止もしくは延期の判断を行います。ご不便をおかけすることをお詫び申し上げるとともに、これ以上の感染を防ぎ、さらに強い措置をとらざるを得ない事態にならないためとご理解下さい。


 事業所クラスターの事例も増えてきたこともかんがみて職員のテレワークや分散勤務も即時進めます。嬉野市では、感染拡大以前より業務改革の一環としてテレワークに着目して取り組んでおり、国の実証実験にもいち早く参加していました。こうしたアドバンテージを利用して、万が一市内での感染が広がった場合でも安心安全の行政サービスを維持できるよう体制を整えています。


 長い長いウイルスとの闘いで嫌気もさしてきたと思います。しかし、手を緩めれば事態は一気に悪い方へと傾いてしまいます。不安ややり場のない気持ち、実際の生活上のお困りごとにも行政として、福祉や子育てなどの各種相談窓口できめ細やかな対応を心がけてまいります。心ひとつにこの難局を乗りきりましょう!


令和3年1月14日
嬉野市長 村上大祐


このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 広報・広聴課
TEL:0954-66-9115
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:info@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る