背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

市民の方へ

オープニングページ > 市民の方へ > 暮らしの手続きと住民票など届出・証明について > よくある質問 > 住民基本台帳カードを利用した転入届および住民基本台帳カードの継続利用について

住民基本台帳カードを利用した転入届および住民基本台帳カードの継続利用について

 

他市区町村発行の住民基本台帳カードを利用した転出届をして、嬉野市に引越してきた人の手続きです。
転入届は、窓口に住民基本台帳カードを持参し、既に登録している4ケタの暗証番号を入力していただきます。本人または嬉野市で同じ世帯となる人が住民基本台帳カードを使った転入届をすることで、住民基本台帳カードを継続して利用することができます。

〈住民基本台帳カードを利用した転出届について〉
引越しする人の中に住民基本台帳カードをお持ちの人がいる場合には、転出届時に紙の転出証明書の交付を受けることなく、嬉野市の窓口で住民基本台帳カードを利用した転入届をすることができます。また、転出届を郵送でおこなうことで、転出地市区町村に出向くことなく転出届の手続きが完了します。

窓口の受付時間

●塩田庁舎市民課、嬉野庁舎市民課
平日(月曜から金曜)8時30分から17時15分まで
 

届出方法

窓口にお越しください。窓口に備えてある「住民異動届」の記入をし、住民基本台帳カードと一緒に窓口にお持ちください。
郵送や電話での受付はできません。

届出期間

転出した市区町村に届け出た転出予定年月日から30日以内又は転入をした日から14日以内のいずれか早い日までに届出をしてください。
この期間を経過した場合、あらためて転出地市区町村で紙の転出証明書の交付申請手続きが必要となります。

新しい住所に住み始める前に届出することはできません。

届出できる人

  • 本人
  • 嬉野市で同じ世帯となる人

※代理人の場合は、届出ができる人からの委任状と下記の「届出に必要なもの」をお持ちください。また、転入届はできますが、住民基本台帳カード継続利用の手続きはできません。

届出に必要なもの

  • 転入する人の中で交付を受けている人全員分の住民基本台帳カード
  • 印鑑
  • 本人確認書類

※本人確認は、次の(1)または(2)の書類をお持ちください

(1)1点で良いもの

運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カード、在留カードまたは外国人登録証明書、特別永住者証明書、写真付きの官公署発行の証明書・資格者証等

(2)上記(1)がない場合は、下記のうち2点以上お持ちください

健康保険被保険者証、年金手帳・証書、介護保険被保険者証、学生証、社員証、官公署発行の証明書・資格者証等

手数料

無料

住民基本台帳カードの継続利用

本人または嬉野市で同じ世帯の人が転入届の時にに4ケタの暗証番号を入力して、住民基本台帳カード継続利用の手続きをしてください。

継続利用のみの申請

転入届と同時に継続利用の申請をされなかった場合には、別途、住民基本台帳カードの継続利用申請が必要です。

本人または嬉野市で同じ世帯となる人が転入届をした日から90日以内に住民基本台帳カードの継続利用申請をしてください。90日を超えた場合、住民基本台帳カードは廃止となります。

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.