背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

市民の方へ

嬉野市空き家バンク制度

空き家バンクとは2.jpg売りたい2.jpg買いたい2.jpg検索2.jpg申請様式2.jpg 

anigif3.gif

 

6.png    7.png

8.png    9.png

   空き家バンク登録物件のリフォーム補助金制度ができました

○空き家バンクリフォーム補助金制度概要

 

対     象 : 嬉野市空き家バンクに登録済みで、空き家バンクを利用し成約(予定含む)した物件

                      (ただし、嬉野市内に転入もしくは転入からおおむね1年以内の者が利用する物件に限る) 

 

補 助 対 象 : 1.リフォーム費用 2.家財道具の運搬廃棄費用 3.屋内の清掃費用

          4.その他、移住者が利用するために必要な物件の改修など

             ただし、嬉野市内の事業者を使った場合のみ

            

補 助 金 額 : 補助対象経費の1/2(補助上限50万円)

 

補助対象者 : 物件の所有者、または利用者で、実際にリフォーム等を行い費用を負担する方 

                      (ただし、不動産のあっせん、仲介を目的とした業務を行う者、市税の滞納がある者を除く) 

 

申 請 方 法 :  物件改修前に、嬉野市役所企画政策課に申請が必要です。

            詳しくは、企画政策課(0954-66-9117)までお問合せください。 

   お試し移住・シェアスペース・サテライトオフィスなどに活用できる空き家・空き店舗を探しています

  嬉野市では、お試し移住のための空き家や、シェアスペース(誰でも使える作業スペース)・お試しサテライトオフィス(都会に本社がある企業などの地方版のお試しオフィス)などに活用できる空き家や空き店舗を探しています。

  これは、空き家・空き店舗などを嬉野市が借り上げ、移住や起業・企業誘致などに役立てる取り組みです。

  空き家、空き店舗を活用することで、嬉野市の魅力を発信するとともに、市外からの活力を取り込んでいくねらいがあります。

  

  山にも、街にも、農村にも、それぞれの個性があり、見慣れた風景も、不便なことも、他の地域から来られる方には魅力的に写ります。いろいろな嬉野市の魅力を外部の方に知っていただくために、いろいろな環境の空き家・空き店舗を募集しています。少しでも興味を持っていただけるようでしたら、市役所企画政策課(0954-66-9117)までお気軽にご連絡ください。 

 

  空き家は放置しておくと、すぐに傷みが広がりますし、管理の手間もかかります。

  管理と社会貢献に有効です!ぜひ、嬉野市に貸していただき市の活性化にご協力ください。

 

  リンク集

    くらしの情報          不動産情報

     医療機関の情報      仕事に関する情報

     支援制度            UJIターン情報

塩田庁舎 企画政策課
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

 

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(613KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(678KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.