特定健康診査

特定健康診査を受けましょう!!(受診期間は、6月1日から8月31日まで)

     実施医療機関(鹿島・藤津地区)(17KB; Excelファイル)

 

       

健康診査種類

特定健康診査は平成20年度から始まった、年に一度の健康診査です。

特定健康診査は、生活習慣病の要因となるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査です。

対象は、40~74歳の嬉野市国民健康保険被保険者です。

「現在通院治療中の方」も特定健康診査の対象です!!

毎年「特定健康診査」を受診して、ご自身の健康状態を把握し、健やかな生活を送りましょう。 

お元気ですか?こちら保健師です

健診名

対象

検査内容

実施日・実施期間

実施場所等

料金

特定健康診査(個別健診)

40歳~74歳の

嬉野市国民健

康保険加入者

身長・体重・腹囲・BMI・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・AST・ALT・γ-GTP・(空腹時)血糖・HbA1c・尿糖・尿蛋白・尿潜血・血清クレアチニン・eGFR・

心電図(心臓・脳血管疾患で通院治療中の方は除きます)必要者のみ眼底検査・貧血検査

赤字項目については、特定健康診査対象者のみです。

6月1日

8月31日

県内の実施医療機関での健診になります。受診券が届きましたら医療機関に予約をして受診して下さい。(予約不要もあります)

※嬉野医療センター等一部の医療機関では受診できませんので受診前に医療機関へご確認ください。 

1,000円

後期高齢者健康診査(個別健診)

75歳以上の方

65歳~74歳の

障害認定によ

る後期高齢者

医療受給者

無料

 特定健康診査(集団健診)

 

検査内容は、特定健康診査(個別)と同様

40歳~74歳の

嬉野市国民健

康保険加入者

健康づくり健診(19~39歳)

 がん検診(前立腺のみ)

と同時実施

嬉野市公会堂H30年78日(日) 

 

塩田保健センターH30年92日(日)

 

≪受付:9時00分~10時30分≫ 

1,000円

 

(がん検診を受けられるかたは、別途費用がかかります)

 総合がん検診

と同時実施

 塩田保健センターH30年1111日(日)

 

嬉野市公会堂H30年122日(日)

 

 ≪受付:8時20分~11時00分≫

 

健康づくり健診(19~39歳)がん検診(胃以外)

と同時実施

塩田保健センターH30年720日(金)

 

New  夜間≪受付:18:00~20:00≫ 

【健康診査の種類】
該当者には受診券・受診票を 送付します。 

特定健康診査の受診状況 

対象者数(人)

受診者数(人)

受診率(%)

平成29年度(速報値)

4,427

1,937

43.8

平成28年度(確定値)

 4,570

 1,973

 43.2

平成27年度(確定値)

4,781

1,954

 40.9

平成26年度(確定値)

4,949

1,942

39.2

平成25年度(確定値)

5,084

2,070

40.7

【表1 特定健康診査の受診率】

 

 嬉野市の平成29年度の受診率は、全体の4割の人しか受けていません

 国の目標60%を達成するためには平成29年度はあと771人の方の受診が必要です

なぜ、健診は必要なのでしょうか?

特定健康診査は、「生活習慣病」を早期に発見し予防するためと、重症化の予防のために実施しています

「生活習慣病」は、「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」などです。

これらの病気の一番の特徴は、「自覚症状」が全くないことです。そのため、早期発見が難しいので、定期的な健診で早期に発見することが必要になります。

 

また、「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」は自覚症状がないため、内服治療をしていても内服を中断する人が多いのもこの病気の特徴です。

「生活習慣病」は、名前のとおり、生活習慣を改善することが大切で、内服だけでは、治療の効果はなかなか得られません。

治療を開始した人も、「生活習慣」の見直しをするために健診を受けて数値を確かめることが大切なのです。

「生活習慣病」を放置しておくとどうなるのでしょう?

「生活習慣病」を放置しておくと、血管が詰まったり、破れたりします。

 

脳の血管が詰まると「脳梗塞」、心臓の血管が詰まると「狭心症」や「心筋梗塞」、脳の血管が破れると「脳出血」が起こります。

また、腎臓の血管が破れて腎臓の大切な働きである「濾過」ができなくなった時に必要になるのが「人工透析」です。

 

これらの病気は、数日、数か月で起こるものではなく、数年、数十年かけて本人が気づかないうちにゆっくりと進行していき、状況によりますが、どれも生活に支障が出て、不自由な生活が強いられます。

健診で何がわかる?

これくらいの検査で何がわかる?と言いたいところですが、実は、わかるんです!

 

まずは、身長・体重・腹囲・GOT・GPT・γ-GTPで肥満の状況がわかります。

肥満は高血圧・高血糖、脂質異常症を招き、血管を痛める原因になります。

そして、血圧・HDLコレステロール・LDLコレステロール・尿酸値で動脈硬化の進み具合と今後の進み具合の予測ができます。

HbA1cでは糖尿病と関わりの深いインスリンの働きがわかります。

尿蛋白・尿潜血・血清クレアチニン・eGFRで腎臓の働きをみます。 

 

このように、血液検査だけでもいろいろな病気の状況がわかります。

健診の後、要注意の方(病気の予備群)には、生活状況を確認しながら無理のない範囲で、ひとり一人に合った生活の改善に向けて支援します。

健康相談のご案内

健康づくり課では、健康に関心のある方、生活を見直したい方、健診の結果の詳しい説明を聞きたいなど、健康についての相談・指導を受け付けています。

どうぞご利用ください。皆さんが健康になるために保健師・管理栄養士がサポートします。

 

お問い合わせ  :  健康づくり課  ☎0954-66-9120まで

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社が無償提供している「Adobe Reader」が必要です。ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、上のリンクされているページからダウンロードしてください。
Adobe、AcrobatおよびAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。Adobe Readerをダウンロード、インストールすることによって生じるトラブルについては嬉野市及びアドビシステムズ社は責任を負いませんので、あらかじめご承知ください。


 

塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp
嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.