背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

市民の方へ

オープニングページ > 市民の方へ > 健康について > 母子保健 > 嬉野市不妊治療費助成事業(男性の不妊治療の助成も行っています)

不妊治療費の助成・不妊相談

不妊相談 

 不妊・不育について相談してみませんか?~佐賀県不妊専門相談センター~ 

 

赤ちゃんが欲しい・・・

相談してみませんか?

 

不妊・不育治療、検査への疑問や不安、家族のことなど、専門の医師やカウンセラーに相談してみませんか?

相談は無料です。 

また、不妊治療には助成金があります。詳しくはおたずねください。

 

不妊・不育を正しく知って、不安が軽減できるよう応援します。

自分たちで抱え込まず、一度お話をされませんか。

また、お知り合いの方で悩んでいる方がいらっしゃればぜひ、ご紹介ください。

佐賀県不妊専門相談センター(佐賀中部保健福祉事務所)

・面接相談(専門医師・臨床心理士)

毎月第三水曜15:00~17:00*予約制

・電話・面接相談(保健師)

月~金曜9:00~17:00

 

お問い合わせ先0952-33-2298 

不妊治療費の助成をしています 

嬉野市では、平成22年4月より夫婦のいずれか一方が嬉野市に1年以上住所がある方を対象に不妊治療費の助成をしています。 

平成26年10月より男性の不妊治療に対しても助成を行っています。ただし、平成26年4月1日以後に治療が終了したものが対象となります。

対象となる方

下記のすべてに該当する方が対象となります。 

  1. 戸籍法による婚姻の届出をおこなった夫婦又は住民基本台帳に規定する外国人住民のうち婚約中の者であること。
  2. 体外受精又は顕微受精以外の治療法によっては、妊娠の見込みがない又は極めて少ない夫婦と医師に診断されていること。
  3. 夫又は妻のいずれか一方が本市に1年以上住所を有していること。
  4. 夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの間に申請を行った場合は前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。
  5. 佐賀県不妊治療支援事業実施要綱に規定する佐賀県知事が指定する医療機関において不妊治療を受け、かつ、佐賀県不妊治療支援事業承認決定通知書の交付を受けていること。 

 

助成対象経費

女性の不妊治療

指定医療機関で受けた採卵準備のための投薬開始から、体外受精又は顕微授精に至るまでの治療に要した経費 

※指定医療機関は厚生労働省ホームページ(外部リンク)からご確認ください。 

男性の不妊治療

女性の不妊治療の一環として行われた治療で、精巣内精子採取術(TESE、MESA)等、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術等に要した経費

助成内容 

助成金額
女性の不妊治療 

1回の治療につき助成対象経費から佐賀県不妊治療支援事業助成額を控除した額(最高10万円) 

男性の不妊治療

1回の治療につき助成対象経費の2分の1の額(最高10万円) 

助成回数等 
(1) 平成26年度及び平成27年度の助成内容

平成25年度までに

助成を受けた回数

助成の制限 受けられる助成回数

1~3回

通算5年度

通算10回まで

年齢制限なし 

各年度2回まで

(助成回数は年度2回を超えて通算6回に変更することができます。) 

4回以上

各年度2回まで
(ア)初めて助成を受けた年度が平成25年度以前の場合

 

初めて助成を受ける際の

治療開始時の妻の年齢

受けられる助成回数

40歳未満

年度制限なし

43歳になるまでに通算6回 

40歳以上

初年度3回まで

平成26年度に助成を受けた場合は、2年目2回まで 

(イ)初めて助成を受ける年度が平成26年度及び平成27年度の場合

 

(2)  平成28年度以降の助成内容

平成27年度までに助成を受けた者

平成28年度以降に初めて助成を受ける者

初回助成時

の妻の年齢

受けられる助成回数

(平成27年度までの

助成回数と通算して) 

治療開始時

の妻の年齢 

受けられる助成回数

40歳未満

43歳になるまでに6回まで

40歳未満

年度制限なし

43歳になるまでに通算6回まで

40歳以上

43歳になるまでに3回まで

40歳以上

43歳未満 

年度制限なし

43歳になるまでに通算3回まで

43歳以上

なし
【助成内容】

 

申請手続き

受付場所 

健康づくり課(塩田庁舎)又は福祉課(嬉野庁舎)

 

持参するもの

下記の書類と申請者の印鑑(ご夫婦それぞれ別の印鑑が必要です。シャチハタ不可)をお持ちください。

  1. 不妊治療費助成金交付申請書
  2. 受診等証明書(医師に依頼するもの) 
  3. 指定医療機関発行の領収書(コピーして原本をお返しします。)
  4. 住民票謄本(市内に1年以上居住していること及び夫婦であることを証明することができる書類)
  5. 佐賀県不妊治療支援事業承認決定通知書の写し
  6. ご夫婦どちらかの名義の通帳又はそのコピー 

※佐賀県不妊治療支援事業承認決定通知書の交付を受けた日から3か月以内が提出期間となります。期間後の受付はできませんので、ご注意ください。 

 

添付ファイル

※平成27年4月の要綱改正に伴い様式が変更となっていますので、以前の様式をお持ちの方はご注意ください。 

 

詳しい内容については、健康づくり課までお問い合わせください。 

 

春_つくし_s.jpg

 


Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社が無償提供している「Adobe Reader」が必要です。ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、上のリンクされているページからダウンロードしてください。
Adobe、AcrobatおよびAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。Adobe Readerをダウンロード、インストールすることによって生じるトラブルについては嬉野市及びアドビシステムズ社は責任を負いませんので、あらかじめご承知ください。


 

塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp
嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.