背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

市民の方へ

オープニングページ > 市民の方へ > 健康について > 健康に関するお知らせ > 麻しん(はしか)にご注意ください!

麻しん(はしか)にご注意ください!

佐賀県内で約9年ぶりとなる麻しん(はしか)患者が発生しました今後、患者発生も懸念されますので、麻しん(はしか)のことを知り、注意しましょう。

また、麻しん(はしか)が疑われるような症状が出現した際には、感染拡大防止のため事前に医療機関へ連絡を入れ、受診方法(入口や受付時間など) を確認してから受診をしてください。

 

原因は何ですか?

■麻しんウイルスの感染により起こります。

■感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。免疫を持たない人が感染するとほぼ100%発症すると言われています。

  ※空気感染:感染している人がくしゃみをしたときに、病原体が空気の流れによって広がり、それを吸い込むことで感染。
  ※飛沫感染:感染している人が咳やくしゃみをした際に、近くにいる人が吸い込むことで感染。
 
※接触感染:握手、抱っこ等で、感染源である人に触れることによって感染。 

 

どんな症状ですか? 

主な症状≫  発熱・咳・鼻水・発疹など

典型的には、約10日後、発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。
肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。
10万人に1人程度と頻度は高くないものの、麻しんウイルスに感染後、特に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することもあります。  

 

予防方法は? 

麻しんは感染力が強く、手洗い、マスクのみでは予防できません。予防接種が最も有効な方法です。

■ 定期接種対象者は、確実な接種に努めましょう。 

 定期接種対象外の方は、母子手帳などで麻しんワクチンンの接種歴を確認し、2回接種していない場合には接種をご検討ください。(特に海外で流行しているため、渡航予定の方は麻しんの既往歴や予防接種歴が不明の場合は、抗体検査をご検討ください。さらに、帰国後は2週間程度、麻しん発症の可能性も考慮して健康状態に注意しましょう。)

リンク

    ■ 佐賀県ホームーページ

     

    ■ 厚生労働省ホームページ

塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp
嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.