背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

市民の方へ

オープニングページ > 市民の方へ > 福祉について > 高齢者見守りネットワーク事業(見守りシール事業)について

高齢者見守りネットワーク事業(見守りシール事業)について

  嬉野市では、認知症高齢者の安全確保とその家族への支援のために、認知症による徘徊がみられる高齢者の安否情報等を関係者間で共有するサービス「見守りシール事業(どこシル伝言板)」を開始します。

 

趣旨・目的

  近年、認知症による徘徊症状がみられる高齢者の行方不明事案が増加しており、認知症高齢者の見守りに関する支援が急務となっています。

  本事業を通じて、徘徊高齢者の安全確保と、家族や介護者の負担を軽減し、対象者の認知症状等に配慮した対応が可能となることで、発見者の負担も軽減することを目的としています。ICTサービスの導入により、市民の協力と地域における認知症高齢者の見守り体制の強化につなげます。 

 

事業概要 

  QRコードが印刷されたラベルシート、ICTサービス「どこシル伝言板」を用いて、自らの個人情報を開示せずに、対象者の安否情報等をインターネット上で共有し、対象者の身分確認や家族への引き渡しを円滑に行う。

 

(1)事業の流れ

<情報の登録>

  ア  申請後、嬉野市が対象者の既往歴や保護時に注意すべきこと等の情報を登録する。

  イ  各家庭で対象者の衣服や所持品にラベルシールを貼付する。

<対象者の行方不明事案が発生した場合>

  ア  発見者が対象者を保護する。

  イ  発見者が対象者のラベルシールに印刷されているQRコードを読み取る。

  ウ  事前に登録された対象者の家族等にQRコードが読み取られた旨の通知メールが送信される。

  エ  発見者と対象者の家族等の間で、インターネット上の伝言板を用いて、対象者の位置や健康状態等の 安否確認情報を共有する。

  オ  対象者の身元を確認し、家族等が対象者を引き取る。

 

(2)交付対象者    市内に在住する徘徊の恐れのある高齢者

(3)交付枚数       50枚

(4)事業開始       平成30年10月1日から

(5)申請方法       嬉野市役所嬉野庁舎  福祉課                         

(6)利用料          無料

 

見守りシール事業概要(294KB; PDFファイル) 

嬉野市徘徊高齢者等見守り事業実施要綱(19KB; Wordファイル)

 

 

 


Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社が無償提供している「Adobe Reader」が必要です。ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、上のリンクされているページからダウンロードしてください。
Adobe、AcrobatおよびAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。Adobe Readerをダウンロード、インストールすることによって生じるトラブルについては嬉野市及びアドビシステムズ社は責任を負いませんので、あらかじめご承知ください。


 

嬉野庁舎 福祉課
TEL: 0954-42-3306
FAX:0954-43-1157
MAIL:fukushi@city.ureshino.lg.jp

塩田庁舎 子育て未来課
TEL: 0954-66-9121
MAIL:kosodate@city.ureshino.lg.jp

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.