背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

市民の方へ

オープニングページ > 市民の方へ > 福祉について > 心身に障がいのある方に

心身に障がいのある方に

手帳の交付

身体障害者手帳

身体障がいのある方に対して、指導・相談や各種の福祉サービスを受ける場合に必要な手帳です。

手帳交付申請に必要なもの

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 医師の意見書・診断書(県が指定した医師が作成し、意見書・診断書作成日が申請日の3か月以内のもの)
  • 写真1枚(サイズ:縦4cm×横3cm、無帽、正面、上半身、1年以内撮影)
  • 印鑑

療育手帳

知的障がいのある方に対して、指導・相談や各種の福祉サービスを受ける場合に必要な手帳です。

手帳交付申請に必要なもの

  • 療育手帳交付申請書
  • 写真1枚(サイズ:縦4cm×横3cm、無帽、正面、上半身、1年以内撮影)
  • 印鑑
  • 乳幼児期の成育歴が分かるもの(母子健康手帳の写し)
  • 義務教育機関の学業成績が分かるもの(通知表等の写し)
  • 精神科受診歴がある場合は、医療機関が発行した資料(心理検査等の写し)

※申請の際に生活状況等の聞き取りが必要ですので、事前にご相談ください。 

 

障害者自立支援費制度

家庭などで利用できる「訪問系サービス」、入所施設などで昼間に利用できる「日中活動系サービス」、施設に入所して利用できる「居住系サービス」が あります。施設に入所の方は、「日中活動系サービス」と「居住系サービス」を組み合わせて利用します。

(1) 訪問系サービス(居宅で訪問を受けたり、通所などで利用するサービスです。)

給付の 種類

サービスの名称 内容

介護

給付

居宅介護

(ホームヘルプ)

自宅で、入浴・排せつ・食事の介護等を行います。
重度訪問介護 重度の肢体不自由があり、常に介護が必要な人に、自宅で入浴や排せつ、食事などの介助、外出時の移動支援などを行います。
行動援護 知的障がいや精神障がいにより行動が困難が方で常に介護が必要な人が外出する時などに支援を行います。
児童デイサービス 障がい児に、施設に通っての日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練等を行います。

短期入所

(ショートステイ)

自宅で介護する人が病気などの場合に、短期間、夜間も含め、施設で介護を行います。
重度障害者等包括支援 介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等複数のサービスを包括的に提供します。

 

(2) 日中活動系サービス(入所施設等で昼間の活動を支援するサービスです。)

給付の種類

サービスの名称 内容

介護

給付

生活介護 常に介護を必要とする人に施設で入浴や排せつ、食事の介護や創作的活動の機会を提供します。
療養介護 病院などの施設で、医療と常時介護を必要とする人に、機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活上の世話を行います。

訓練等

給付

自立訓練 自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定期間、身体機能や生活機能向上のための訓練を行います。
就労移行支援 一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、就労に必要な知識や能力の向上のための訓練を行います。
就労継続支援 一般企業等での就労が困難な人に働く場を提供するとともに、知識及び能力向上のための訓練を行います。

 

(3) 居住系サービス(入所施設等で住まいの場を提供するサービスです。)

給付の種類

サービスの名称 内容

介護

給付

共同生活介護

(ケアホーム)

共同生活を行う住居で、入浴、排せつ、食事の介護などを行います。
施設入所支援 施設に入所する人に、入浴や排せつ、食事の介護などを行います。

訓練等

給付

共同生活援助

(グループホーム)

共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います。

 

主な障害者福祉サービス

事業名 内容
障害者相談員 みなさんの身近なところで、さまざまな相談に応じていただくため、嬉野市が障害者相談員へ相談業務を委託しています。

身体障害者(児)

日常生活用具給付事業

障がい者(児)の方の日常生活を、より便利にしていくため、各種日常生活用具の給付を行っています。

身体障害者(児)

補装具給付事業

身体障がい者(児)の方の障がいを補い、より日常生活や社会生活を容易にするための補装具の交付又は修理を行っています。
手話通訳者及び要約筆記奉仕員派遣事業

聴覚障がい者及び音声又は言語機能障がい者に対し、手話通訳者又は要約筆記奉仕員の派遣を行っています。 

訪問入浴サービス

自宅での入浴が困難な方に訪問入浴車を派遣し、居室内に簡易浴槽を設置して入浴サービスを行っています。(週1回を原則) 

自動車税等の減免 障がい者またはその家族が、自動車を障がい者本人の通院等に使用する場合に自動車税等が減免されます。
有料道路通行料金の割引 日本道路公団や都道府県の道路公社等が管理する有料道路の通行料金が割引になります。
福祉タクシー事業 障がい者の方がタクシーを利用し通院等に使用する場合、タクシー料金の一部を助成します。(自動車税・軽自動車税の減免を受ける方は対象外) 
佐賀県パーキングパーミット制度 身体に障がいのある方、高齢者の方、妊産婦の方、けがをして一時的に歩行が困難な方など、身障者用駐車場を本当に必要な方に利用証を交付して身障者用駐車場の適正利用を図る制度です。 
【障害者福祉サービス一覧】

※障がいの程度によって利用できるサービスが異なりますので、詳しくは窓口にてご相談ください。 

 

嬉野市障がい者等相談支援窓口

 障がいのある方から福祉や保健の相談をお受けして、状況に応じた各種制度の利用案内や情報提供を行っています。

 

相談窓口
名称 場所 電話番号
嬉野市障がい者等相談支援窓口 「嬉野庁舎福祉課」内 0954-42-3322
  

発達障害児(者)専門相談窓口

県内7か所に発達障がい児(者)及びその家族からの相談を受け付ける窓口を定期的に設けられています。相談は予約制ですので、事前に電話でお問い合わせください。

 

《県南部圏域》

・武雄市役所北方支所(毎月第2火曜日)

・鹿島市役所(毎月第4火曜日)

 

相談窓口
名称 場所 電話番号
NPO法人それいゆ   - 090-6296-7550
 

障害者就業・生活支援センター

在宅の方、施設に入所されている方、在職者、離職者を対象として、障がいのある方の就業に向けた相談・支援を行っています。

相談窓口
名称 場所 電話番号
障害者就業・生活支援センター 知的障害者更生施設「たちばな学園」内 0954-66-9093

 

療育支援センター

在宅障がい児(者)の地域における生活を支援するため、巡回相談、訪問による健康診断、外来による各種相談等を行っています。

 

相談窓口
名称 場所 電話番号
療育支援センター 知的障害児施設「くろかみ学園すみよしの里」内 0954-22-5601

 

各種手当

特別障害者手当

20歳以上であって、著しく重度の障がい状態にあるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする障がい者本人に支給されます。
ただし、 本人が施設に入所している場合や病院等に継続して3か月以上入院する等の場合は支給されません。
(所得制限があります。)

障害児福祉手当

20歳未満であって、重度の障がい状態にあるため、日常生活において常時介護を必要とする障がい児本人に支給されます。
ただし、児童が施設に 入所している場合や児童が障がいを支給事由とする公的な年金を受給している等の場合は、支給されません。
(所得制限があります。)

特別児童扶養手当

精神または身体に障がいのある在宅の20歳未満の児童を養育する保護者等に対し支給されます。
ただし、児童が施設に入所している場合や児童が障がいを支給事由とする公的な年金を受給している等の場合は、支給されません。
(所得制限があります。)

 

各種医療

更生医療の給付

身体障がい者の障がいの軽減や機能回復のため、以下のような医療を決められた医療機関で受けることができます。

対象者

更生医療の対象となる部位の身体障害者手帳を所持する者(18歳以上)

給付内容

白内障手術、角膜移植術、関節手術、心臓手術、人工透析、腎移植など(世帯の課税状況により費用の一部負担があります。)

育成医療の給付

身体障がい児でそのまま放置すると将来一定の障がいが残るとみられる児童で、手術等の治療によって確実な治療効果が期待できるものについて以下のような医療を決められた医療機関で受けることができます。

対象者

身体障がい児(18歳未満)

給付内容

角膜移植術、関節手術、心臓手術、人工透析、腎移植など(世帯の課税状況により費用の一部負担があります。) 

重度心身障害者医療助成

重度の心身障害者の方が病院等で診療を受けられた場合に、要した医療費のうち保険診療にかかる自己負担分に対して助成します。

対象者

  • 身体障害者手帳  1級・2級
  • 知能指数35以下
  • 身体障害者手帳  3級かつ知能指数36~50

助成額

健康保険で診療された医療費の自己負担分から月額500円を控除した額

※入院時の食事代など保険診療外の分は対象となりません。
※高額療養費など健康保険からの給付金は除かれます。

申請時の留意点

助成申請書に、医療機関から証明をもらうか、医療機関が発行した保険診療料点数が記載された領収書を添付して下さい。
なお、領収書は医療機関ごと・月ごとに分けて添付して下さい。

その他

  • 所得(本人・配偶者・扶養義務者)による所得制限があります。
  • 最初に登録の申請が必要になります。

医療費助成申請書様式はコチラ▶申請書   様式ダウンロード(53KB; MS-Wordファイル)

嬉野庁舎 福祉課
TEL: 0954-42-3306
FAX:0954-43-1157
MAIL:fukushi@city.ureshino.lg.jp

塩田庁舎 子育て未来課
TEL: 0954-66-9121
MAIL:kosodate@city.ureshino.lg.jp

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.