税金の控除・ワンストップ特例制度

(2019年04月09日更新)

 「ワンストップ特例申請書」の受付のご連絡について 

・ワンストップ特例申請書の受付状況につきまして、順次、さとふるへご登録いただいたメールアドレスへご連絡を差し上げております。


・現時点での受付状況につきましては、寄附者向けマイページ(外部サイトへリンク)からご確認できます。
    ※申請書の受付処理状況によっては、確認にお時間をいただく場合がございます。

       その際は、しばらくたってから、再度ご確認くださいますようお願いいたします。
       寄附金受領証明書の番号をご入力いただきログインの手順に沿ってお進みください。

税の控除について 

「ふるさと納税」制度では、自治体に2,000円を超える寄附をした場合、確定申告等をすることによって、寄附額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として寄附した年の所得税と寄附した翌年の個人住民税から全額が控除されます。

控除には一定の上限があり、個人住民税の特例控除額は個人住民税所得割額の2割(平成27年3月31日可決の地方税法の改正法により、特例控除額が従来の所得割額1割から2割に引き上げられ、さらに使いやすくなりました。)を限度としています。  

  
※うれしの応援寄附金以外に、他の自治体(県や市町村)に対して寄附をされている場合は、それらを合算した額で計算することになります。

 

寄附金控除に関する手続き

毎年1月1日から12月31日までに行った寄附について、翌年3月15日までに最寄りの税務署に所得税の申告を行ってください。


※確定申告をしない方は、確定申告の時期にお住まいの市区町村で住民税申告を行ってください。

 

必要な書類
  • 寄附金税額控除申告書
  • 寄附の証明書(領収証書、寄附金受領証明書)

 

ワンストップ特例制度 (平成27年4月1日から) 

確定申告が不要な給与所得者や年金所得者がふるさと納税する場合、寄附する自治体が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税をした自治体に「申告特例申請書」を提出することにより確定申告等が不要で税の控除を受けられるようになります。

嬉野市へ申告特例申請書を提出された場合、当該寄附年内に支出した嬉野市への寄附合計額をお住まいの市区町村長へ通知します。なお、申告特例を適用すると本来寄附した年の所得税から控除される分についても、寄附翌年の住民税から控除されることになります。 
 
ワンストップ特例の対象者 
次の条件を満たす方に限られます。
  1. 所得税について確定申告書を提出する義務がない、または確定申告を要しない旨の所得税法の規定が適用されること
  2. 個人住民税に係る申告書の提出を要しないこと
  3. 申告特例の適用を受けるための申請を行う自治体の数が5以下であることが見込まれる方
なお、次のいずれかに該当する場合には、申告特例の申請はなかったものとみなされます。
  • 確定申告を要しない旨の所得税法の適用を受けないこととなったとき
  • 当該寄附年度分の個人住民税に係る申告書を提出したとき
  • 申告特例申請を行った自治体の数が5を超えたとき
●住所等が変更になった場合は、「申告特例申請事項変更届出書」の提出が必要となります。
●ワンストップ特例申請をされた方が、確定申告または住民税申告をした場合は、ワンストップ特例申請がなかったものとして取り扱われます。 
 
ワンストップ特例申請書類
2019年寄附分の申請書

<2016年から申請方法が変更になりました>

icon_12.gif2016年以降はマイナンバー法の施行により、各種書類の提出が義務付けられました。

icon_12.gif申請書および必要書類を提出することが必要になります。

icon_tri.gif寄附金税額控除に係る申告特例申請書の記入方法(283KB; PDFファイル)

icon_tri.gif寄附金税額控除に係る申告特例申請書(124KB; PDFファイル)

 

<申請書に添付していただく書類>

※(1)~(5)のいずれかの書類を同封してください

(1)マイナンバーカードの写し(※両面)

(2)番号通知カードの写し + 運転免許証の写し、またはパスポートの写し

(3)住民票(番号あり)の写し + 運転免許証の写し、またはパスポートの写し

(4)番号通知カードの写し + 健康保険証および年金手帳など、公的書類 2点以上の写し

(5)住民票(番号あり)の写し + 健康保険証および年金手帳など、公的書類 2点以上の写し 

 

書類が不足する場合は、ワンストップの適用を受けられなくなりますのでご注意ください。 

 

<住所等が変更になった場合> 

icon_tri.gif寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書(96KB; PDFファイル)   

 
※「さとふる」からふるさと納税をいただき、ワンストップ特例申請をご希望される場合は、お申し込みの際に「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックをされた方へ、寄附金受領証明書と一緒にワンストップ特例申請書をお送りいたします。この場合、申請書及び寄附金受領証明書に記載される整理番号は、さとふるの整理番号と異なる独自の番号が記載されますのでご了承ください。
 
                          < マイナンバーカード>                                       <番号通知カード>
              08 個人番号カード(表).png            05 通知カード(表面).jpg
              09 個人番号カード(裏).png            06 通知カード(うら面).jpg
 
 ワンストップ特例申請書類の提出期限
2020年1月10日(金)必着(2019年1月1日から2019年12月31日までの寄附分)
 
期限に間に合わない場合は、確定申告をしていただく必要がありますので、早めの提出をお願いします。 
   
ワンストップ特例申請書類の送付先
〒849-1492
佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地 
嬉野市役所 塩田庁舎 企画政策課
ふるさと納税係宛
 ※ワンストップ申請書在中 とご記入ください。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社が無償提供している「Adobe Reader」が必要です。ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、上のリンクされているページからダウンロードしてください。
Adobe、AcrobatおよびAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。Adobe Readerをダウンロード、インストールすることによって生じるトラブルについては嬉野市及びアドビシステムズ社は責任を負いませんので、あらかじめご承知ください。


 

塩田庁舎 企画政策課
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.