No.4 「うれしの茶の輸出」

大浦 慶  

 

 

 

   うれしの茶の初めての輸出は、1760年にオランダ商社が長崎港から行ったとされています。本格的には1853年、長崎の茶商「大浦   慶」によりうれしの茶の見本がイギリス・アメリカ・アラビアの3カ国に発送され、その3年後にイギリス人の「オールド」が長崎に来て大浦にお茶を注文したことが始まりとされています。

   我が国のお茶の本格的な輸出の始まりは、うれしの茶を見本とされていたようです。 

嬉野庁舎 うれしの茶振興室
TEL:0954-42-3308
FAX:0954-42-3300(代表)
嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.