No.3 「売茶翁」

  皆さんが日頃飲んでいる煎茶(緑茶の一種)を広めたのが売茶翁(本名柴田元昭。のちに高遊外と改名)です。1675年に佐賀市蓮池町で生まれ11歳の時、同巨勢町の龍津寺に入門し、57歳で佐賀を離れ京都で「通仙亭」というお茶屋を構えました。当時はまだ薬として珍重され上流階級が嗜好する高貴な飲み物でしたが、売茶翁は営利目的ではなく庶民のお茶として広く普及活動を行いました。

  売茶翁が師事した僧侶のお寺跡が塩田町の下野辺田にあり、売茶翁の父の墓が五町田小学校付近にあります。これも不思議な縁ですね。 

 

 

  

嬉野庁舎 うれしの茶振興室
TEL:0954-42-3308
FAX:0954-42-3300(代表)
嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.