嬉野市「経営継続支援給付金」の申請受付について



 嬉野市では、第4弾の経済支援対策として、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、経営の安定に大きな支障をきたしている事業者で、「休業協力金」・「応援給付金」・「産業給付金」に該当しなかった、新規事業者(平成31年1月~令和2年4月の間に開業した事業者)・季節性収入特例事業者に対し、「経営継続支援給付金」を給付します。詳しくは下記内容をご覧ください。


経営継続支援給付金について (268KB; PDFファイル)


給付要件

<新規事業者の場合>

  1. 嬉野市内で事業を行っている者(法人・個人事業主・フリーランス)
    ※農家・フリーランスの方は、嬉野市内在住
  2. 平成31年1月~令和2年4月の間に開業した事業者
  3. 「休業協力金」・「応援給付金」・「産業給付金」を受給していない事業者
  4. 事業計画書の令和2年の売上見込が月平均108,315円以上である
  5. 令和2年1月~同年7月のうち、連続する3か月間の売上高が、前年同期比30%以上減少している事業者

<季節性収入特例事業者の場合>

  1. 嬉野市内で事業を行っている者(法人・個人事業主・フリーランス)
    ※農家・フリーランスの方は、嬉野市内在住
  2. 「休業協力金」・「応援給付金」・「産業給付金」を受給していない事業者
  3. (個人事業主の場合)
     総所得の50%を占める事業の収入が年間1,300,000円以上である
    (法人の場合)
     事業収入が年間1,300,000円以上である
  4. 令和2年1月~7月のうち、連続する3か月の売上高が、その前年同期比30%以上減少している
  5. 上記で選択した3か月の前年同期の売上高が、平成31年(令和元年)の総売上高の50%以上を占めて いる。

給付金額

(R元年)対象の3か月間の売上合計 - (R2年)対象の3か月の売上合計


 ※ただし、給付金の上限は100,000円です。

申請について

  1. 受付期間
    ・令和2年8月1日(土)~ 令和2年8月31日(月)
       ※当日消印有効
     ※窓口受付は、土日・祝日を除く

  2. 申請方法
    ・郵送(新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため)
    ・窓口(記載方法が不明な方のみ)

  3. 提出先
    ・嬉野市役所 観光商工課
     (843-0392 嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地 嬉野市役所観光商工課 宛)

必要書類

 ※提出書類チェックシート (31KB; Wordファイル)


  1. 申請書
    <新規事業者>
    【様式4-1-1】 (25KB; Wordファイル)
    <季節性収入特例者>
    【様式4-1-2】 (32KB; Wordファイル)
    ※代理で申請される方は委任状(申請用) (14KB; Wordファイル)
    記入要領 (446KB; PDFファイル)

  2. <個人事業者>
     確定申告書・住民税申告書の写し(申告決算書を含む)
    <法人事業者>
     法人税の申告書の写し(法人事業概況説明書を含む)
    <新規事業者>
     開業・廃業等届出書などの、開業日や所在地等がわかるもの

  3. <季節性収入特例者>
     売上高の根拠となる資料(売上台帳、決算書等)
    <新規事業者>
     売上高の根拠となる資料(売上台帳、決算書、事業計画書等)

  4. 請求書【様式4-2】 (18KB; Wordファイル)
    ※申請者の方以外の口座へ振込まれる方は委任状(給付金請求用) (14KB; Wordファイル)

  5. 振込を希望する通帳の写し(請求書に記載の口座)

  6. 市税の滞納がないことを証明する書類
    ・法人の方【様式4-3】 (22KB; Wordファイル) (市民課より証明を得たもの)
    ・個人事業主又はフリーランスの方は滞納のない証明書(市民課で交付)または納付誓約書(税務課で交付)
    ※市民課で証明を取得する際は、身分証明書(免許証等)・社員証等(法人事業者で従業員によ り代理申請を行う場合、必要です)
    手数料300円が必要です。

  7. 誓約書【様式4-4】 (17KB; Wordファイル)


このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 観光商工課
TEL:0954-42-3310
FAX:0954-42-2960
MAIL:kankou@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る