森林環境税及び森林環境譲与税

森林環境税及び森林環境譲与税の創設

平成31年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」(平成三十一年法律第三号)が成立・公布されました。
本税は、温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るための森林整備等に必要な財源を安定的に確保する観点から、国民一人一人が等しく負担を分かち合って森林を支える仕組みとして創設されたものです。

森林環境譲与税とは

令和元年度から、適切な森林整備や木材利用等の推進を図るために「森林環境譲与税」が地方自治体に交付されます。

森林環境譲与税の使途について

「森林整備の促進」、「森林整備の担い手育成・確保」、「木材利用の促進」、「普及啓発」を
目的に、森林環境譲与税を活用し、適切な森林の整備や管理を行っていきます。



また、詳しくは下記のHPをご参照ください。
林野庁

森林環境税及び森林環境譲与税(外部リンク)


このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 建設・農林整備課
TEL:0954-42-3311
FAX:0954-42-3311
MAIL:kensetsu@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る