林業について

野鳥の捕獲は禁止されています

メジロなどの野鳥を、愛玩目的で捕獲することは禁止されています

嬉野市は豊かな自然環境に恵まれ、多くの野鳥が生息しています。

すべての野鳥は、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」で保護されており、許可なく捕まえることは禁止されています。

違法に捕獲した鳥を売ることや飼うことも禁止されています。 

嬉野市では、愛玩飼養を目的とした野鳥の捕獲を、メジロのみ1世帯1羽に限り許可していましたが、現在は許可していません

平成23年度までに飼養登録されたメジロについては、その個体に限り引き続き飼うことができますが、毎年、市への飼養登録の更新が必要です。 

野鳥を違法に捕獲したり、違法に捕獲した野鳥を販売、飼養した場合は、鳥獣保護法により罰則に処される場合がありますので、絶対に行わないで下さい。


森林の伐採について

森林の伐採には、伐採届出書が必要です

私たちの生活になくてはならない貴重な財産である森林を無秩序に伐採することは、森林の多様な機能を損なうだけでなく、様々な災害を引き起こすなど、私たちの生活に多大な影響を及ぼします。

そのため森林法では、伐採が適正に行われるように、樹木の伐採前に「伐採届出書」を市長に提出しなければならないことになっています。

伐採届出を必要とする森林は?

森林には大きく分けると「普通林」と「保安林」があり、伐採届出の対象となる森林は「普通林」です。
また、保安林を伐採しようとする場合は、事前に許可が必要となりますので農林事務所林務課へお問い合わせください。

伐採届出者は?

森林を所有している方が自ら伐採する場合は、森林所有者が届出者となります。
また、立木を買い受けて伐採する場合には、買受人が届出者となります。

伐採届出時期は?

伐採を使用とする日の30日前までに伐採届出書を1部提出しなければなりません。受付は90日前からとなります。

伐採届出書の提出先は?

伐採を行う森林の所在する市町村長あてに提出します。詳しくは、塩田庁舎農林課へお尋ねください。

立木の伐採に係る事務手続きのフロー図

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 建設・農林整備課
TEL:0954-42-3311
FAX:0954-42-3311
MAIL:kensetsu@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る