肥料価格高騰対策事業について

事業の概要

 

世界的な穀物需要の増加やエネルギー価格の上昇に加え、ロシアによるウクライナ侵略等の影響により、化学肥料原料の国際価格が大幅に上昇し、肥料価格が急騰していることから、国および佐賀県では、化学肥料の低減に向けて取り組む農業者に対し、前年度から増加した肥料費の一部を支援する「肥料価格高騰対策事業」を実施しています。


○【嬉野市】肥料価格高騰に対する支援のごあんない (305KB; PDFファイル)

対象となる農業者

○化学肥料の2割低減を実現するため、土壌分析や堆肥の利用等の取組メニューの中から2つ以上を実施す

 る農業者(既に実施している取組の拡大・強化も対象)


○農産物を販売し、農業経営を行う方もしくは認定新規就農者。

 (取組実施者は、農産物の販売伝票等販売の実績を確認できるものもしくは認定新規就農者の認定証を

  確認)

対象となる肥料

令和4年6月から令和4年10月に購入した本年の秋肥として使用する肥料

※農業経営に使用する肥料が対象となり、家庭菜園等で利用する肥料は対象外となります。

国と県の支援の内容

国と佐賀県で合わせて、前年度から上昇した肥料費の7割を支援金として交付。

支援金=(当年の肥料費ー前年の肥料費)×0.7

※前年の肥料費=当年の肥料費÷価格上昇率(統計データを基に決定)

申請方法

1.JAで購入した肥料

・JAでとりまとめて、第2回目申請の令和5年2月頃に申請予定。
※別途、JAからのお知らせをご確認ください。

2.肥料販売店で購入した肥料

・肥料販売店で購入者をとりまとめて、佐賀県農業再生協議会に申請。
※購入販売店にお尋ねください。

3.上記1,2以外で購入した肥料(購入店が取組実施者にならない場合)

・5人以上の農業者グループで、市農業再生協議会(市農業政策課)へ申請。

各種様式

(様式第1号)化学肥料低減計画書 (16KB; Excelファイル)

(様式第2号)事業取組計画書の(変更)承認申請書 (27KB; Wordファイル)

(様式第3号)参加農業者名簿 (14KB; Excelファイル)

(様式第4号)振込口座申出書 (20KB; Wordファイル)

(参考様式)組織規約 (29KB; Wordファイル)

関連サイト

〇農林水産省 肥料価格高騰対策事業ページ

 https://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_hiryo/220729.html



このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 農業政策課
TEL:0954-66-9119 
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:snourin@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る