嬉野市定住促進「定住奨励金」制度について

おしらせ

定住奨励金の申請には期限があります。 

定住奨励金の申請期限は、居住を開始した日から起算して1年以内又は令和2年3月31日のいずれか早い日となっております。

嬉野市は、あなたの新生活を応援します!!

嬉野市では、定住人口の確保と増加を図るため、市内に定住することを目的として住宅を取得した方に対して、定住奨励金を支給します。

この奨励金は、嬉野市に住んだことのない方、もしくは市外に5年以上お住まいだった方が嬉野市に転入し、1年以内に住宅を取得された場合の「転入奨励金」とそれ以外の嬉野市在住の方の「持家奨励金」に分かれています。

平成29年4月から、新婚3年以内で居住される方に対する30万円加算を支給要件として新設し、制度の充実を図っています。

対象者及び奨励金の額

市町村税及び水道使用料等を滞納していない方で、令和2年3月31日までに、次の項目に該当する方を対象とします。

(1) 転入奨励金

  • 5年以上嬉野市以外の市町村に居住している方が、嬉野市内に定住することを目的に、1年以内に新築住宅または中古住宅を取得され転入した場合
  • 取得した新築住宅または中古住宅に引き続き5年以上定住の意思がある方 
奨励金の額

居住部分の床面積が50平方メートル以上で、取得に要した費用が500万円以上の家屋とし、当該住宅等の用地の登記地目が宅地であるものとする。

【支給要件および支給額】

 支給要件

支給額

住宅戸につき

300,000円

世帯員1人につき

100,000円

同居する中学生以下の子、1人につき

100,000円

同居する高校生の子、1人につき 

50,000円

申請者が住宅に居住を開始した日前3年以内に婚姻している場合

300,000円

新築住宅で、工事費のうち7割以上を市内業者が施工した場合

700,000円

新築住宅で、工事費のうち3割以上7割未満を市内業者が施工した場合

300,000円

嬉野市が行う区画整理事業地内の保留地を購入し新築した場合

200,000円

企業誘致により県内又は隣接県に進出した企業

(当該県又は市町と進出協定を締結した企業に限る。)に勤務する同居の世帯員1人につき

200,000円

 

(2) 持ち家奨励金

  • 嬉野市内に居住し、自己名義の住宅用地及び住宅を所有しない方が、市内に定住することを目的として現に居住している同一敷地外の新たな住宅用地に新築住宅または中古住宅を取得し転居した場合、又は5年未満市外に居住している方が市内に定住することを目的として以前居住していた同一敷地外の新たな住宅用地に新築住宅または中古住宅を取得し転入した場合。
  • 取得した新築住宅または中古住宅に引き続き5年以上定住の意思がある方。
  • いわゆる「建て替え」は、対象外となります。
奨励金の額

居住部分の床面積が50平方メートル以上で、取得に要した費用が500万円以上の家屋とし、当該住宅等の用地の登記地目が宅地であるものとする。  

【支給要件および支給額】

 支給要件

支給額

住宅1戸につき

300,000円

申請者が住宅に居住を開始した日前3年以内に婚姻している場合

300,000円

新築住宅で、工事費のうち7割以上を市内業者が施工した場合

700,000円

新築住宅で、工事費のうち3割以上7割未満を市内業者が施工した場合

300,000円

嬉野市が行う区画整理事業地内の保留地を購入し新築した場合

200,000円

企業誘致により県内又は隣接県に進出した企業

(当該県又は市町と進出協定を締結した企業に限る。)に勤務する同居の世帯員1人につき

200,000円

交付申請

  • 交付申請には、世帯全員の住民票のほか、建物に係る契約書または売買契約書の写しなどが必要となります。
  • 奨励金の交付申請は、居住予定日の1年前から事前の申込みを行うことができます。

申請期限

  • 居住を開始した日から起算して1年以内、又は令和2年3月31日のいずれか早い日 

申請の流れ

建築または購入の契約

事前申込

家屋完成

登記・引っ越し・転居届

必要書類を用意

定住促進奨励金交付申請


  • 申請は上記のような流れで行ってください。
  • 事前申込がない場合、奨励金の交付が遅れたり、支給出来ないことがありますのでご注意ください。

ダウンロード

嬉野市定住奨励金交付事前申込書(90KB; PDFファイル)

嬉野市定住奨励金誓約書(25KB; PDFファイル)
嬉野市定住奨励金承諾書(21KB; PDFファイル)

嬉野市定住奨励金パンフレット(505KB; PDFファイル)

嬉野市は住宅金融支援機構と連携しています

[フラット35]地域活性化型 

嬉野市は住宅金融支援機構と連携し、マイホームを新築・購入して市外から嬉野市に転入される方を応援します。

嬉野市の定住奨励金のうち[転入奨励金]に該当する方で、[フラット35] を利用して住宅を取得する際の借入金利が一定期間引き下げられます。

具体的には、フラット35の借入金利から当初5年間、年▲0.25%引き下げとなります。

 

※[フラット35]とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してご提供する全期間固定金利型住宅ローンのことです。  

 

[フラット35]地域活性化型制度様式

[フラット35]地域活性化型チラシ(8368KB; PDFファイル)

[フラット35]地域活性化型利用申請書(1)(176KB; PDFファイル)

[フラット35]地域活性化型利用申請書(2)(140KB; PDFファイル) 

 

※[フラット35]地域活性化型の詳しい内容については、下記問い合わせ先までご連絡ください。 

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 企画政策課
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る