令和3年度 『嬉野市さが未来アシスト事業』を実施しました

 地域に存在する自然、人等の地域資源を活かした自発の地域づくりに関する取り組みに支援を行い、活力で満たされた魅力ある嬉野市を将来につなげることを目的に、佐賀県の「さが未来アシスト事業費補助金」を活用し、下記の事業を実施しました。

 

塩田地区耕作放棄地を活用した地域活性化事業

 事業実施団体

 塩田地区地域コミュニティ運営協議会 

 事業内容

 地区内で年々増えている田畑の耕作放棄地・荒廃地を活用し、年間を通じてソバ播種~管理~収穫、イベント等を行いました。また、景観作物及び種子採取用として赤ソバの栽培も行いました。

 今年度も台風やイノシシによる被害により、思うような収量とはならなかったものの、前年度の反省を活かし対策をしていたため壊滅状態とまではなりませんでした。また、今年度は保護者様を含めた地元小学校との連携活動ができ、そば粉を使った「ソバ饅頭」は好評で、収穫感謝祭等により地域住民との交流を深め、地域の活性化に努めました。


    

          小学6年生ソバ播き


    

          小学6年生ソバ刈り

嬉野の歴史とお茶を体感できる婚活事業

 事業実施団体 

 うれtea会

 事業内容

 嬉野茶や肥前吉田焼など地域資源を活用した婚活イベントを2回実施しました。お茶マイスターによるお茶淹れ講座やうれしの茶の飲み比べ、また吉田焼の絵付け体験など地域資源を有効活用するよう工夫をしながら、男女の出会いの創出及び地産地消にこだわることにより地域活性化に努めました。

 コロナ禍の影響によりうち1回がオンライン上での開催となるなど集客に悩まされることもありましたが、参加者の反応は良く、新しい婚活イベントのやり方を模索する良い機会となりました。


    

         イベント時の絵付け体験


    

         オンラインイベントの様子

吉田地区人材育成事業

 事業実施団体

 吉田地区地域コミュニティ運営協議会

 事業内容

 これまで吉田地区内の各地区ごとに歴史的な建造物や旧跡、伝統的な文化、住民の思い等を網羅した情報誌を作成しておりましたが、本事業により再度内容の見直しを図りながら、吉田地区全体に関わる内容を纏めた合本冊子「ふるさと吉田 ~歴史探訪 今・むかし~」を作成しました。

 完成した冊子は、地区内の全戸に配布するとともに地域の小・中学校及び各地区の公民館へ出向き、学習会を開催いたしました。コロナ禍により冊子を活用した「歴史散策」は実施できませんでしたが、地域住民が吉田地区の良さを再認識し、郷土愛の醸成に寄与することができたと考えております。


    

     ふるさと吉田 ~歴史探訪 今・むかし~


    

         吉田小学校での学習会

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 企画政策課
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る