水道施設の耐震化について

自然災害に強い水道施設の耐震化を進めています 

   平成23年10月3日に「水道法施行規則の一部を改正する省令」が公布され、水道事業者が水道の需要者に対して、水道施設の耐震性能及び耐震性の向上に関する取組等の状況を毎年一回以上、情報提供することが義務付けられました。

   この改正に伴い、嬉野市水道事業における耐震化状況について次のとおりお知らせします。

   水道施設は、市民の生活に欠くことのできないライフラインであるため、大地震などの災害時においてもできる限りの給水機能を保持できるようにすることで、生活への影響を最小限にとどめることが重要です。

   嬉野市では、自然災害に強い水道施設の整備を目標に、施設の耐震化を進めています。

 

 

浄水施設等の耐震化 

   平成25年度で、嬉野市全体の水道施設耐震簡易診断調査を行っており、診断の結果をもとに緊急度・重要度等を決定し計画的に耐震化を進めていきます。

   平成26年度は、基幹浄水場である清水浄水場の耐震診断を行いました。この診断によりどの程度の耐震補強が必要かわかりましたので、今後耐震補強工事を計画していきます。 

 

施設耐震診断の取組状況

 

平成25年度 嬉野市水道施設簡易耐震診断調査
平成26年度 清水浄水場詳細耐震診断調査
【施設耐震診断の取組状況】

配水管路の耐震化 

   管路(配水管)の耐震については、管路新設・改良計画並びに老朽管更新計画に基づき耐震化を進めていきます。

 

配水管路の耐震化取組状況

配水管布設延長

耐震管

(※ 1 延長)

耐震適合性のある管

(※ 2 延長)

平成24年度

2,075m

1,363m

712m

平成25年度

1,635m

1,013m

622m

平成26年度 

1,712m

235m

1,477m

平成27年度

1,523m

565m

958m

平成28年度(予定)

1,131m

411m

720m

【配水管路の耐震化取組状況】
 
※ 1  耐震管とは、設置時点において想定される最大規模の地震動に対して、管路の破損や継手の離脱等の被害が軽微な管
※ 2  耐震適合のある管とは、 設置時点において想定される最大規模の地震動に対して、地盤によっては管路の破損や継手の離脱等の被害が軽微な管

 

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 水道課
TEL:0954-42-3314
FAX:0954-43-1114
MAIL:suidou@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る