鉛管更新工事を行っています

鉛製給水管について

   お客様のご家庭に水を供給するために引き込まれている水道管を『給水管』といい、その材質には塩化ビニール管、鋼管、ポリエチレン管及び鉛管などがあります。

 

   鉛製給水管については、管内に錆が発生せず、可とう制、柔軟性に富み、加工、修繕が容易であるという特性があるため古くから全国的に使用されてきました。しかし、鉛製給水管から鉛の溶出が問題とされ、平成5年にJIS規格から裸鉛管が削除され、ライニング(被覆)されていない鉛製給水管を新たに使用することが禁止されました。

 

嬉野市の水道水について 

   嬉野市では安全でおいし水をお届けするため、給水管を通った水についても給水区域にある給水栓(蛇口)で定期的な水質検査を行なっており、その結果、いずれの水質検査も厚生労働省で定められている水質基準に適合しています。

 

水道水を安心してご使用いただくために 

   鉛製の給水管で長時間水道水を滞留させたような場合、水質基準を超えて鉛が溶け出すことがあります。

 

   通常の使用状態では健康上の問題はありませんが、朝一番の水や長い間ご使用にならなかった後の使い始めの水は給水管に長時間溜まったままになっており、鉛が溶け出したりすることが考えられますので、念のため、バケツ一杯程度の最初の水は飲用以外の用途にご利用になることをお勧めします。

 

鉛製給水管更新の取り組みについて 

   嬉野市では平成14年度から嬉野市鉛管更新事業として、鉛管の使用状況を把握・確認しながら、これを計画的に更新するため、鉛製給水管の取替工事を嬉野市管工事協同組合の施工により実施しております。

 

   ご使用の水道について不明な点等がある場合は、嬉野市水道課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 水道課
TEL:0954-42-3314
FAX:0954-43-1114
MAIL:suidou@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る