本文へ移動

背景色標準に戻す黒色に変更する青色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • gくらし・手続き
  • g子育て・教育
  • g健康・福祉
  • g産業・ビジネス
  • g観光情報
  • g市政情報
トップページ>くらし・手続き>出会い・結婚サポート>新婚生活を応援します! ~令和5年度 嬉野市結婚新生活支援事業補助金

新婚生活を応援します! ~令和5年度 嬉野市結婚新生活支援事業補助金

  嬉野市では、結婚して新生活を始める新婚世帯に対して、新居の取得費や家賃、

引越費用、リフォーム費用を補助します。

 

  結婚新生活支援事業チラシ (316KB; PDFファイル)

  要件チェックシート (102KB; PDFファイル)

   

対象となる世帯 

(1)  令和5年3月1日から令和6年3月31日までに婚姻届を提出し、受理された夫婦のいる世帯

(2)  婚姻日における年齢が、夫婦ともに39歳以下であること。

(3)  夫婦の所得金額の合計が500万円未満であること。

       ※貸与型奨学金を返済している方は年間返済額を所得から控除します。


(4)  対象となる住宅が嬉野市内にあり、住民登録のうえ居住していること。

(5) 他の公的制度による家賃補助等を受けていないこと。

(6) 申請時において世帯全員が市税等の滞納がないこと。

(7) 補助金の交付を受けた日から1年以上、嬉野市に定住する意思があること。

(8) 嬉野市暴力団排除条例に規定する暴力団員等でないこと。

 

対象となる経費 

令和5年4月1日から令和6年3月31日までに支払った次の費用

 

(1)婚姻に伴う住宅取得費用 (※土地の取得費は除く)


(2)婚姻に伴う住宅賃借費用  (賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料)

 

(3)婚姻に伴う引越費用  (引越業者または運送業者に支払った費用)


(4)リフォーム費用

 ※婚姻前に取得した住宅・リフォームにあっては婚姻日から起算して1年以内であるもの

補助金額 

「住宅取得又は住宅賃借費用」、「引越費用」、「リフォーム費用」を合わせた額で、

1世帯当たり、夫婦とも39歳以下は30万円。夫婦とも29歳以下は60万円。

 

申請方法

申請をする前に、事前にご連絡ください。

その後に、必要書類を揃えてください。


共通書類 

  • 嬉野市結婚新生活支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
  • 婚姻後の戸籍謄本または婚姻届受理証明書
  • 世帯全員の住民票の写し
  • 夫婦の最新の所得証明書
  • 世帯全員の納税証明書
  • 誓約書兼同意書  (様式第3号) 

申請内容によって必要となる書類

住宅を取得した場合

  • 工事請負契約書又は売買契約書の写し
  • 住宅取得費の領収書又は支払金額が確認できる書類の写し

住宅を賃貸借した場合

  • 賃貸借契約書の写し
  • 賃料等の領収書または支払金額が確認できる書類の写し
  • 就労している人全員の住宅手当支給証明書  (様式第2号) 

引越しをした場合

  • 引越費用を支払ったことがわかる領収書の写し
    (引越業者または運送業者に支払った費用に限ります。)
このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 企画政策課 地域活力創造グループ
TEL:0954-66-9117
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:kikaku@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る