本文へ移動

背景色標準に戻す黒色に変更する青色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • gくらし・手続き
  • g子育て・教育
  • g健康・福祉
  • g産業・ビジネス
  • g観光情報
  • g市政情報
トップページ>子育て・教育>子育て支援>ひとり親家庭の資格取得を援助します!「高等職業訓練促進給付金等事業」

ひとり親家庭の資格取得を援助します!「高等職業訓練促進給付金等事業」

 高等職業訓練促進給付金

 
 ひとり親世帯の就職の際に有利な資格を取得するために学校、養成機関等へ入学し資格取得を目指す方へ「高等職業訓練促進給付金」を給付します!
 

対象者区分

 支給金額

支給期間

 住民税非課税世帯

月額 100,000円

(最終1年間は140,000円)

上限3年※(1)

 住民税課税世帯

  月額70,500円

(最終1年間は110,500円)

※(1)…資格取得のために4年課程が必須となる資格を目指す者等については上限4年 
(例)4年間の理学療法士養成コースの場合

0ヶ月~

12ヶ月~

24ヶ月~

 36ヶ月 

←  支給  →

促進費の支給期間は、上限3年です。

  住民税非課税世帯 … 月額 100,000円

 住民税課税世帯 … 月額 70,500円


入学支援修了一時金

平成20年4月1日以降に入学した方で、現在修業中の方に対して、入学金の負担を考慮した額を一時金として修業を終了した日以降に支給します。

  • 住民税非課税世帯 … 50,000円
  • 住民税課税世帯 … 25,000円   

申請方法

これから資格取得をめざす方は、事前相談が必要です。
また、現在養成機関へ在学中の方への聞き取りも行いますので下記の窓口までご連絡ください。 

高等技能訓練促進事業とは? 

母子家庭の母または父子家庭の父が、就職に有利な資格を取得するための養成機関に1年以上修業する場合、在学中の生活費を毎月支給(上限3年間)します。
 

対象者

  1. 市内に住所を有する方
  2. 児童扶養手当の支給を受けているか、または、同様の所得水準 (児童扶養手当の所得制限限度額以内) の母子家庭の母または父子家庭の父であること。

 

対象資格=看護師、准看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師、その他市長が実情に応じ定める資格

 ※ 上記以外の資格は対象とならない場合がありますのでお問い合わせ下さい。


入学準備金・就職準備金の貸付制度について

 高等職業訓練促進給付金の支給を受けて資格取得を目指しているひとり親の方で資格取得後、資格業務に従事しようとしている方には、入学準備金・就職準備金の貸付制度もあります。(申請先は佐賀県社会福祉協議会になります。)

 

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 福祉課
TEL:0954-42-3306
FAX:0954-43-1157
MAIL:fukushi@city.ureshino.lg.jp
このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 子育て未来課
TEL:0954-66-9121 
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:kosodate@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る