本文へ移動

背景色標準に戻す黒色に変更する青色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • gくらし・手続き
  • g子育て・教育
  • g健康・福祉
  • g産業・ビジネス
  • g観光情報
  • g市政情報
トップページ>子育て・教育>保育所・幼稚園>令和2年度保育所・認定こども園・幼稚園等の利用申込みについて

令和2年度保育所・認定こども園・幼稚園等の利用申込みについて

令和2年4月以降、下記の施設を利用する場合には毎年度嬉野市への申請が必要です。

現在、下記施設を利用中の方も申請が必要です。

申込みにあたっては、「令和2年度保育所等利用申込みおよび支給認定申請のてびき (764KB; PDFファイル)」を必ずお読みください。  

施設一覧 

嬉野市内にある施設の種類は、認可保育所、認定こども園、幼稚園、小規模保育所(地域型保育事業)です。

施設名をクリックすると施設の概要がわかる資料を見ることができます。

認可保育所

 【認可保育所一覧】
施設名 利用定員

住所

電話番号

嬉野りすの森保育園

(356KB; PDFファイル)

80人

〒849-1411

塩田町大字馬場下甲711番地1

0954-66-3300

みのり保育園

(261KB; PDFファイル)

60人

〒849-1426

塩田町大字五町田乙4281番地2

0954-66-3174

久間子守保育園

(272KB; PDFファイル)

70人

〒849-1402

塩田町大字久間乙1786番地3

0954-66-5568

たちばな保育園

(341KB; PDFファイル)

70人

〒849-1425

塩田町大字五町田甲1354番地1

0954-66-4060

井手川内保育園

(320KB; PDFファイル)

90人

〒843-0302

嬉野町大字下野甲5696番地18

0954-43-2091

岩屋保育園

(341KB; PDFファイル)

90人

〒843-0304

嬉野町大字岩屋川内甲487番地2

0954-42-0509

下宿保育園

(413KB; PDFファイル)

80人

〒843-0301

嬉野町大字下宿甲3913番地

0954-42-2154

吉田保育園

(229KB; PDFファイル)

90人

〒843-0303

嬉野町大字吉田丁4808番地

0954-43-9463

認定こども園

 【認定こども園一覧】
施設名 利用定員

住所

電話番号

ルンビニこども園

(735KB; PDFファイル)

15人(1号)

〒849-1422

塩田町大字谷所甲2250番地1

0954-66-2430

60人(2・3号)

嬉野ルンビニこども園

(601KB; PDFファイル)

15人(1号)

〒843-0301

嬉野町大字下宿丁1424番地7

0954-42-4155

90人(2・3号)

認定こども園嬉野幼稚園

(361KB; PDFファイル)

35人(1号)

〒843-0302

嬉野町大字下野甲115番地19

0954-43-1019

79人(2・3号)

幼稚園

 【幼稚園一覧】 
施設名 利用定員

住所

電話番号

塩田幼稚園

(523KB; PDFファイル)

60人(1号)

〒849-1411

塩田町大字馬場下甲512番地

0954-66-4477

和光幼稚園

(324KB; PDFファイル)

60人(1号)

〒843-0302

嬉野町大字下野丙2319番地2

0954-42-2548

小規模保育所(地域型保育事業)

 【小規模保育所(地域型保育事業)一覧】
施設名 利用定員

住所

電話番号

うれしのつぼみ保育園

(322KB; PDFファイル)

説明会案内

(288KB; PDFファイル)

19人(2・3号)

〒843-0301

嬉野町大字下宿乙1279番地

0954-43-3118

市内の施設一覧 (77KB; PDFファイル)


申込みについて

申請書類の配布時期

令和元年10月16日~配布開始


令和元年10月時点で在園中の方は、園を通じて配布します。

申請書類の配布場所

嬉野市役所 子育て未来課(塩田庁舎)または福祉課(嬉野庁舎)

申込先(書類提出先) 市内に住民票がある方

幼稚園、認定こども園(1号)を利用希望の方は、各園に直接申込みください。

申込期間は各園にお尋ねください。


認可保育所、認定こども園(2・3号)、小規模保育所を利用希望の方は、市役所に申込みください。

市外の園を希望の方も嬉野市役所に申込みください。

ただし、申込締切日は施設所在地の市町村で異なります。締切日はご自身で市町村に確認していただき、締切に間に合うように申込書類を嬉野市役所へ提出してください。

申込先(書類提出先) 嬉野市に住民票がない方

申込み時点で住所地が嬉野市でない方で、嬉野市内の施設を利用希望の方は、住所地の役所で申込みください。その際、下記の「受付期間」の期限の数日前までに住所地の役所で申込みを行ってください。

受付期間

入所希望月に応じて受付期間が異なります。

育児休業から年度途中に職場に復帰される方へ

申込受付期間より前(令和元年11月12日以降)に申込みを受け付けます。

ただし、期日までに職場に復帰していただくことが条件となります。



入所希望月

受付期間(一部を除き平日のみ)

 4月入所

(第1次) 

令和元年11月12日~同年11月29日

11/23(土)、11/24(土)は下記のとおり受付します。

11/23(土)は塩田庁舎のみ

11/24(日)は嬉野庁舎のみ

(第2次)

令和2年1月7日~同年1月31日

 5月入所 令和2年3月2日~同年3月31日
 6月入所 令和2年4月1日~同年4月30日
 7月入所

令和2年5月1日~同年5月29日 

 8月入所 令和2年6月1日~同年6月30日
 9月入所 令和2年7月1日~同年7月31日
 10月入所 令和2年8月3日~同年8月31日
 11月入所 令和2年9月1日~同年9月30日
 12月入所 令和2年10月1日~同年10月30日
 1月入所 令和2年11月2日~同年11月30日
 2月入所 令和2年12月1日~同年12月25日
 3月入所 令和3年1月4日~同年1月29日
【注意】締切を過ぎて提出された申込みは次回調整からの対象となります。

提出書類

書類に不足がある場合には受理できません。すべての書類をそろえて提出してください。

幼稚園、認定こども園(1号)を利用希望の方

保育所、認定こども園(2・3号)、地域型保育事業を利用希望の方

 

保育が必要な理由

添付書類

就労(内定含む)

雇用されている場合

就労証明書 (32KB; Excelファイル)・・・勤務先に記入を依頼してください。

就労証明書記入要領 (192KB; PDFファイル)

自営業の場合

自営業等証明願 (141KB; PDFファイル)・・・枠内を記入後、地区の民生委員の方に証明をもらう

妊娠・出産の場合

申立書 (151KB; PDFファイル)+母子健康手帳の写し(表紙・分娩予定日欄)

病気の場合

申立書 (151KB; PDFファイル)+診断書

障がいの場合

申立書 (151KB; PDFファイル)+診断書 (19KB; Wordファイル)、身体障害者手帳または療育手帳の写し

看護・

介護

看護

の場合

申立書 (151KB; PDFファイル)+診断書 (19KB; Wordファイル)

介護

の場合

申立書 (151KB; PDFファイル)+診断書 (19KB; Wordファイル)、身体障害者手帳、療育手帳、または介護保険被保険者証の写し

災害復旧

申立書 (151KB; PDFファイル)+罹災証明

就学

申立書 (151KB; PDFファイル)+在学証明書+カリキュラム

産後・育児休業中

の場合

就労証明書 (32KB; Excelファイル)または育児休業等期間証明書 (93KB; PDFファイル)

求職活動中の場合

求職活動申立書 (99KB; PDFファイル)+ハローワーク受付票の写し

求職活動状況届 (156KB; PDFファイル)(求職活動開始から3カ月経過後もうしくは就職決定後提出ください。) 

保育の必要な理由を証明する書類

注意事項

  • 申込みにあたっては、「令和2年度保育所等利用申込みおよび支給認定申請のてびき (764KB; PDFファイル)」を必ずお読みください。
  • 申込みにあたっては、事前に施設を見学していただくなどして施設の環境・保育内容等を確認いただくことをお勧めします。施設見学については、各自で園に連絡のうえ行ってください。
  • 申込み後、申請内容に変更があった場合には必ず届け出てください。退職や勤務状況に変更が生じるなど、保育の必要性がなくなった場合には申込みを取り消す場合があります。
  • 育児休業中も現在入所中のお子さんは継続入所ができます。ただし、入所期間は原則出生児童の年齢が1歳になる月まででです。

保育料(利用者負担額)

保育料は、児童を保育所で保育するために要する費用の一部を保護者に負担していただくもので、世帯の負担能力に応じて決定することとなっています。

施設によっては基本となる保育料(利用者負担額)のほか、スクールバス代などの実費負担や、各施設が独自に質の向上を図る上で必要となる追加の負担額が生じる場合があります。

保育料の算定

保育料の算定にあたっては、父母の収入金額の合計額が市で定めた基準額を超えない場合、同居の父母以外の祖父母等扶養義務者で最多収入者を家計の主宰者とし、家計の主宰者と父母の税額を合算し保育料を決定します。

ただし、父母の収入のみで生計が成り立っていると認められる場合は、父または母のうち収入金額の多いものを家計の主宰者とし、父母以外の税額は合算の対象になりません。

また、住民票の世帯分離により保育料の算定が変わることはありません。

令和2年度在園児の保育料

平成27年4月から子ども・子育て支援新制度施行に伴い、保護者に負担していただく保育料は、国が定める基準を上限に市町村が定めることとされています。

令和元年度の保育料については、下記のとおりです。(国の制度に伴い改定する場合もあります。)

令和元年度保育料階層表 (108KB; PDFファイル)(令和元年10月から令和2年8月分まで有効)

幼児教育・保育の無償化について

幼児教育・保育の無償化が令和元年10月から始まりました。

保育所の場合

3歳児以上(2号)は保育料が無償

認定こども園の場合

満3歳以上(1号)は保育料が無償

3歳児以上(2号)は保育料が無償

0~2歳の子ども

住民税非課税世帯を対象に保育料が無償


●副食費(おかず・おやつ等)は保護者の負担です。ただし第3子以降の子どもと年収360万円未満相当世帯の子どもの副食費は免除です。


 
このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 福祉課
TEL:0954-42-3306
FAX:0954-43-1157
MAIL:fukushi@city.ureshino.lg.jp
このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 子育て未来課
TEL:0954-66-9121 
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:kosodate@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る