5歳から11歳の新型コロナワクチン接種について

注目情報

令和4年10月5日

5~11歳の3回目の新型コロナワクチン接種が開始となりました。

詳しくは小児の3回目接種についてをご確認ください。


概要

対象者

原則、日本国内に住民登録のある5~11歳の方です。(国籍は問いません)

接種 対象者
初回(1・2回目)接種 5歳から11歳
追加(3回目)接種 5歳から11歳で2回目接種から5か月経過した方

11歳の方へ注意事項

11歳と12歳ではワクチンの種類が異なります。同じ種類のワクチンを3週間の間隔をあけて2回接種する必要があるため、
(1)11歳の間に小児用ワクチンを2回接種 または (2)12歳になってから大人用ワクチンを2回接種
のどちらかを選んで予約してください。

※1回目の接種時に11歳だったお子様が2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。

 特に接種をお勧めする方

慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方

接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等とよく相談してください。

ワクチンの種類

小児(5歳から11歳)用の新型コロナウイルスワクチンは、ファイザー社ワクチンです。

大人(12歳以上)用ファイザーとは、用法・用量などが違います。

接種が受けられる期間

令和5年3月31日(金)まで

接種間隔

接種 接種回数・間隔
初回(1・2回目)接種 2回(1回目接種から3週間あけて2回目を接種する)
追加(3回目)接種 1回(2回目接種から5か月経過後から接種可能)
インフルエンザワクチン等、他のワクチンとの接種間隔について
  • 新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは、接種間隔を空けずに同時に接種ができます。
  • インフルエンザワクチン以外のワクチンは、同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。(例外:創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するもの)
  • 特に、5歳のお子さんはMRワクチン、11歳のお子さんは2種混合ワクチンや日本脳炎2期の定期接種との接種間隔にご注意ください。不安な方は、かかりつけ医にご相談ください。

費用

無料

接種までの流れ

1.接種券が届く

初回(1・2回目)接種券

今後、5歳の誕生日を迎える方は、誕生月の翌月初旬に接種券を発送いたします。

※接種券が届かない場合は嬉野市役所健康づくり課へお問い合わせください。

追加(3回目)接種券

2回目接種から5か月経過した月末に3回目の接種券を発送します。

※接種券が届かない場合は嬉野市役所健康づくり課へお問い合わせください。

封筒

2.接種の予約をする

嬉野市では、個別医療機関で実施します。

接種場所

実施医療機関一覧はこちら (297KB; PDFファイル)

・現段階(令和4年9月30日時点)での情報です。

・接種券がないとワクチン接種ができません。接種券がお手元に届いてから接種の予約をお願いします。


※嬉野市外にかかりつけ医療機関をお持ちの方は直接医療機関へお尋ねください。

3.接種当日

持ちもの

(1)接種券

(2)事前に記入した予診票(接種希望書は保護者(原則父または母)の署名が必ず必要です)

(3)本人確認書類(健康保険証、マイナンバーカード等)

(4)母子健康手帳(子どものワクチン接種では接種履歴を母子健康手帳で管理しているため、接種当日には母子健康手帳をご持参ください。)

接種前

・ご自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えましょう。

・ワクチンはどちらかの肩付近に接種します。肩を出しやすい服装で来院しましょう。

・接種を受ける際にお子様が嫌がったり暴れたりすると事故やお怪我をする可能性がありますので、お子様にワクチン接種の必要性を十分説明をしたうえで納得して接種を受けましょう

・接種当日は必ず保護者(原則父または母)の付き添いが必要です。

・保護者の付き添いができない場合は委任状 を持参することにより祖父母(普段の様子をよく知っている方)の付き添いでも可能です。

接種後

・体調の変化がないか、15~30分間待機していただきます。接種後の予定はできるだけ入れないようにしましょう。

・ワクチンの効果を十分得るために、同じ種類のワクチンを一定の間隔を空けて2回受ける必要があります。1回目 を受けた際、医療機関で次回接種の日程を確認しましょう。

・通常の生活は問題ありませんが、激しい運動は控えましょう。

・接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は問題ありませんが、接種した部分は強くこすらないようにしましょう。

4.接種後の注意点

海外のデータによると、小児用ワクチンの副反応の種類や発現頻度は成人と大きな違いはありませんでした。(下記表参照)

しかし、子どもは大人に比べて副反応による心身の負担が大きかったり、自分でうまく伝えられなかったりすることもありますので、接種への立ち会いと接種後も、お子さまの様子に変わりがないか観察してください。


小児用ワクチンの副反応

ワクチン接種後も今まで通り、感染症対策をお願いします。

守ってほしいこと

新型コロナワクチンの接種は強制ではなく、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。病気や様々な理由により接種できない場合もあります。幼稚園・学校や周りの方などに接種を強制したり、接種をしていないことを理由に、いじめや仲間外れをすることは絶対にやめましょう。

接種後の副反応により健康被害が生じた場合の補償

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害が、極めてまれではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。詳しくはこちら

関連情報

接種をご検討中の方に読んでいただきたい資料

小児接種(5~11歳)の新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)

新型コロナワクチン接種を検討されている5歳以上のお子さまの保護者の方へ (ファイザー株式会社)

5歳~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方 (日本小児科学会)

厚生労働省ウェブサイト

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ

このページに関するお問い合わせ
塩田庁舎 健康づくり課
TEL:0954-66-9120
FAX:0954-66-3119(代表)
MAIL:hoken@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る