本市職員における新型コロナウィルス感染症患者の発生について【令和2年8月8日】

【令和2年8月8日】


本日、嬉野市職員(観光商工課)1名が新型コロナウィルスに感染していることが確認されました。当該職員は、本日、佐賀県おいて発表された146例目の感染者です。


当該職員の勤務状況を確認したところ、現在調査中ではありますが、市民の方との濃厚接触は確認されていません。


当該職員の執務室や嬉野庁舎の共用部分は8月9日(日曜日)に消毒を行い、8月11日(火曜日)は通常通り業務を行う予定です。


現在、本人の詳しい行動歴、そして濃厚接触者などについては、佐賀県において調査中です。その調査や検査結果について、佐賀県と密に連絡をとり、迅速に対応するように全庁を挙げて臨んでおります。


なお、市内の公共施設は、感染防止対策を取りながら通常通り業務を行う予定です。


市民の皆様にお願いです。患者も感染の被害者です。ウイルス感染は本人の意思でかかるものではありませんし、気をつけていても結果的に防げないこともあります。個人を特定するなどの行為は慎むなどの配慮をぜひお願いします。


繰り返しのお願いになりますが、今私たちに必要なのは感染拡大を防ぐことです。こういう時だからこそパニックになることなく、「正しく怖がる」冷静な行動が大切です。
また、手洗いや消毒、3密が重なる場所を避けるなど、一人一人ができる感染予防の徹底をお願いいたします。


嬉野市は、今後、佐賀県・保健所とも連携しながら、感染拡大防止に全力を尽くし、市民の皆様に正確な情報を迅速に発信していく所存です。


市民の皆様のご協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ
新型コロナウイルス感染症対策本部会議  
TEL:0954‐66‐3111
FAX:0954-66-3119(代表)

ページトップへ戻る