露の団姫 落語と講演(令和2年度嬉野市人権啓発講演会)

講演会チラシ

一隅を照らす ~自分の持ち場で一生懸命~

 「一隅を照らす」とは、自分の持ち場で自分の役割を一生懸命頑張ることが社会貢献になるという仏教の教えです。好きなこと、得意なことを活かして自分もまわりもみんなで幸せになりましょう♪「一隅を照らす運動広報大使」を務める露の団姫氏が楽しく分かりやすくお届けします!

日時

 令和2年10月9日(金) 13時30分 ~ 14時30分

 開場時間 13時00分

場所

 嬉野市社会文化会館 リバティ (文化ホール)

講師紹介

 講師写真露の団姫(つゆのまるこ)/落語家・僧侶

 

 上方落語協会所属の落語家。兵庫県尼崎市在住。高座の他にもテレビ・ラジオで活動中。

 小さい頃からの「死」に対する恐怖をきっかけに仏教を学びはじめ、高校在学中に人生指針となる法華経(ほけきょう)に出会う。

 落語家になるか尼さんになるか悩む中、落語の創始者、初代・露の五郎兵衛が僧侶であり、説法をおもしろおかしく話したことが落語の起源と知る。

 高校卒業を機に初代・五郎兵衛の流れを組む露の団四郎へ入門。3年間の内弟子を経て、主に古典落語・自作の仏教落語に取り組んでいる。

 2011年、天台宗で得度(とくど)。2012年、比叡山行院で四度加行(しどけぎょう)を受け正式な天台僧となる。

 年間250席以上の高座と仏教のPRを両立し全国を奔走する異色の落語家。

 好きな言葉は「一隅を照らす」(伝教大師・最澄上人)。

公式ウェブサイト https://www.tuyunomaruko.com/(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ
文化・スポーツ振興課
TEL:0954-66-9129
FAX:0954-66-9129
MAIL:syakai@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る