「ゾンビランドサガ」マンホール設置について

 佐賀県を舞台にしたTVアニメ『ゾンビランドサガ』のオリジナル描き下ろしデザインマンホールを、市内2か所に設置いたしました!

 本デザインマンホール蓋は、TVアニメ『ゾンビランドサガ』の続篇となる『ゾンビランドサガ リベンジ』の放送・配信開始を記念して製作委員会より寄贈されました。市内に設置しているデザインマンホールには、「フランシュシュ」のメンバーである紺野純子、水野愛が、それぞれ縁のある市内各所を巡っているイラストが描かれています。

 本市では、デザインマンホール蓋を活用し、観光誘客の促進並びに地域活性化、さらなる下水道事業への理解と関心の向上に取り組んでいきます。当市へお越しの際には『ゾンビランドサガ』マンホールを是非ご覧ください。

デザインマンホールについて

 設置場所について

キャラクター

デザイン 設置場所 設置日
紺野 純子 シーボルトの湯



画像 (164KB)

新湯広場 嬉野市嬉野町大字下宿乙730番地17 令和3年4月27日

水野 愛

茶畑



画像 (171KB)

嬉野温泉公園 嬉野市嬉野町大字下野甲12番地1 令和3年6月7日

※画像はイメージです。

※上記画像は、嬉野市ホームページ利用規約に関わらず、コンテンツの二次利用はできません。



○製造の様子

 デザインマンホール蓋の製造は、鋳物メーカーの日之出水道機器株式会社 佐賀工場(佐賀県みやき町)で行われました。※下記画像は、佐賀市内に設置されているマンホールです。

注意事項

※撮影の際は、近隣にお住まいの方や通行者の通行及び利用者の妨げにならないようお願いします。

※施設、設備等を移動、撤去しての撮影はご遠慮ください。

※広場付近は道幅が狭くなっています。路上駐車はご遠慮いただくとともに、駐車の際は、シーボルトの足湯駐車場(90分間無料)をご利用ください。

オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ」・「ゾンビランドサガ リベンジ」とは

 TVアニメ「ゾンビランドサガ」は、謎のアイドルプロデューサー巽幸太郎に甦らされた7人の少女たちが、ご当地アイドルグループ「フランシュシュ」として、佐賀県を救うために奮闘する新感覚ゾンビアイドル系アニメ。2018年10月~12月に第1期の「ゾンビランドサガ」が放送され大きな反響を呼び、アニメ総選挙2018年間大賞やTAAF2019アニメアワード作品賞TVアニメ部門グランプリなど数々の賞を受賞。2021年4月より、続篇となるTVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」が放送・配信中で注目を集めている。


【公式サイト】 zombielandsaga.com
【Twitter】@zombielandsaga(https://twitter.com/zombielandsaga)
 ©ゾンビランドサガ製作委員会 ©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

このページに関するお問い合わせ
嬉野庁舎 観光商工課
TEL:0954-42-3310
FAX:0954-42-2960
MAIL:kankou@city.ureshino.lg.jp

ページトップへ戻る