背景色 標準色青黄黒
文字サイズ 文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大
トップページ市民の方へ事業者の方へ市政・計画観光・文化

手続き・申請

就学校変更・区域外就学

就学校の変更と区域外就学について

 

 嬉野市在住の児童生徒は、その保護者が住民登録をしている行政区により、指定校区となる学校へ就学するのが原則です。しかし、様々な事情により、本来就学すべき学校以外の学校への就学を希望される場合があります。

 この場合、嬉野市教育委員会では、保護者からの「就学校変更」(嬉野市内で指定外の学校への変更)または「区域外就学」(他市町の学校への就学及び他市町から嬉野市の学校への就学)の申立に応じて検討を行い、申立の理由を相当と認めるとき、必要最低限の期間、就学すべき学校の変更を認めています。

 「就学校変更」または「区域外就学」を希望される保護者は、事前に学校へ相談のうえ、嬉野市教育委員会へ申立(申請書のほか、疎明資料として関係書類の提出が必要な場合があります。)を行い、教育委員会の許可を受ける必要があります。

 

 

次のような場合に、「就学校変更」や「区域外就学」が認められることがあります。

 

1 転居等の場合で、
(1) 学期途中の転居の場合[学期末まで]
(2) 小学6年生及び中学3年生の場合[卒業まで]

 

2 住所と居所が違う場合で、

(1) 住宅新築・改築等の事情により住民票上の住所と実際の居所が違う場合

(2) 相当の理由により児童生徒の生活の実態が住民登録した住所でない場所にある場合

[(1)・(2)とも、相当の理由が消滅するまで]


3 その他、特に教育上の配慮が必要と認められる場合[相当の理由が消滅するまで]

 

 

その他

 

1 「就学校変更」又は「区域外就学」の申立をなさる前に、次のことにご留意ください。

  1. 児童生徒の登校及び下校の責任は、保護者が負います。
  2. 遠距離通学補助者の対象にはなりません。
  3. 事情の変化により当初の承認期間を超える場合は、更新の申請が必要です。
  4. 許可期間は最長1年間であり、年度を超えて継続する場合は、更新申立が必要です。
  5. 相当の理由が消滅した場合は、正規の就学指定校へ就学することになります。

2 「就学校変更」及び「区域外就学」の手続きについては、嬉野市教育委員会学校教育課にお問い合わせください。

嬉野市教育委員会
教育総務課
TEL:0954-66-9124  
MAIL:kyouiku@city.ureshino.lg.jp
学校教育課 
TEL:0954-66-9128 
MAIL:gakkou@city.ureshino.lg.jp

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.