一般質問って?

一般質問の流れ

議会での一般質問は、おおむね次のような流れで行われます。

 

1.一般質問の受付
 

 

2.一般質問通告書の提出

 


3.一般質問の期日の決定
4.議会の開会

 


 

 

 

 


5.一般質問

 

 

 

 

 


一般質問の方法

「一般質問」の方法には、「一括方式」と「一問一答方式」と呼ばれる方式があります。嬉野市議会では原則として「一問一答方式」を導入しています。

「一問一答方式」とは、質問する議員一人につき90分のもち時間があり、その時間内であれば何回でも質問・答弁を繰り返す事ができます。

(テレビ放映は90分まですべて生放送・再放送しています。また、インターネット中継も行っています。)

また、嬉野市議会の議場には、演壇と議員席の間に質問席を設置し、市長はじめ執行部に向かって対面式で質問をしています。

 

反問権

嬉野市議会基本条例の制定に伴い、議員の質問に対して市長等からも議員に質問ができるようになりました。これにより議員は一般質問等において、これまで以上に研さんする必要があります。

(参考)嬉野市議会基本条例第6条第2号

「議長から本会議及び委員会への出席を要請された市長等は、議長又は委員長の許可を得て、議員の質問に対して反問することができる。」

嬉野市

塩田庁舎 庁舎案内図(562KB; PDFファイル)

〒849-1492 佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1769番地

電話番号 : 0954-66-3111(代表)  FAX番号 : 0954-66-3119

塩田庁舎までの地図  塩田庁舎問合わせ窓口一覧

嬉野庁舎  庁舎案内図(568KB; PDFファイル)

〒843-0392 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185番地

電話番号 : 0954-43-1111(代表)  FAX番号 : 0954-42-3300

嬉野庁舎までの地図  嬉野庁舎問合せ窓口一覧

市役所窓口での受付は、土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
Copyright (C) City of Ureshino. All right reserved.